サイト構築

「量」から入って「質」を追求していき、ユーザーの求めていることを理解する

freeimages.co.uk workplace images

先日(20日※米国時間)、グーグル先生がパンダアップデートとペイデイローンアップデートのアルゴリズム更新を発表し、各方面で検索順位の変動が徐々に起きています。

インターネット集客において、検索エンジンからのアクセスは大きな割合を占めるという人も多いでしょうから、今回行われた仕様の変化が大きく影響するかもしれません。

日頃の検索順位やアクセス数は毎朝メールで受信しているのですぐにわかります。
全てのサイトのアクセス数と検索順位が一気に見れるので便利です。

↓ ↓

http://itwo.biz/me/ganal.html

 

サイトやブログ構築において、アクセスが少ないと嘆く人の多くは情報量不足です。
将来的には量より質が求められるのは至極当然の流れですが、それでも情報量の無いサイトが成功することは難しいわけです。

質を追い求めていくことも大事ですが、量がそれを凌駕することもあります。

検索で上位表示しているサイトに共通しているポイントの一つとしては、【継続して更新】していることが挙げられます。

「ユーザーは自分が探している情報が欲しい」ということが大前提です。
「私たち自身の情報を探しているわけではない」ということです。

自己満足サイトというのは、お客さんの求めていることを理解しようとせずに、自分のことばかり話しまくるダメ営業マンと同じ現象です。無論、好かれることはありません。。。

結論、一番良いのは質も良く情報量も多いサイトなのですが、どちらから優先させていくかというと「量」から入って「質」を追求していくことが現時点ではベストですね。

 

いくら質を優先させるようなアルゴリズムになったとしても、素晴らしい情報を提供している1ページのサイトが、そこまで素晴らしいとは言えない3000ページのサイトに勝るようになるのは考えづらいものです。

仮にそうなるとしても、もう少し先でしょうね。
これがOKになるなら、1サイトに良質な情報を100ページ掲載するよりも、1ページを100サイトに分散した方が良いということになりますので・・・。

 

今回は大きな変動となりそうな発表でしたが、検索アルゴリズムを常に研究するような専門職でもなく、普通のウェブサイト運営者であるならば、こういったことに気を乱されることなく平時と変わらない運用を続けることが大切ですね。

私もこれによって、特別何かの行動をしようとは思いません。
「こういうことがあったんだ」程度で良いのではないかと思う次第です。

 

関連記事

  1. サイト構築

    更新型ブログ?それともサイト型ホームページ?

    グーグル先生が評価するウェブサイトとして、有益なコンテンツを増…

  2. サイト構築

    物事は内側と外側の両面を見た方が良い

    外見だけじゃわからないこともあります。付き合ってみたら、なんと…

  3. SNS

    無料サービスを利用する際のリスク回避とは

    無料サービスには「ある日突然消滅」のリスクがあります。…

  4. SNS

    インターネットビジネスにSNSを活用していますか?

    SNSを活用する時代は、これからも続いていくのではないかと思います…

  5. サイト構築

    知らぬ間にライバルを増やしていませんか?

    サイトやブログはビジネスに応用できますが、書くネタに困った…

  6. サイト構築

    レスポンシブWebデザインで検索上位表示への影響は?

    サイトはコンテンツ内容が重要ですが、デザインもキレイなものが良…


メルマガ

新着情報

  1. LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのよう…
  2. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  3. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  4. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  5. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 不動産経営

    私でも不動産経営できますか?
  2. サイト構築

    5秒以内にサイト訪問者を釘づけにする方法
  3. 考え方・マインド

    モチベーションが下がってしまうという人へ
  4. メルマガ構築

    もうメールの時代は終わりなのでしょうか。
  5. サイト構築

    サイトのテーマを細分化して周りから固めていく方法
PAGE TOP