きれい

考え方・マインド

失敗から学んだことを活かしきれない人にならないように

普通に生きているだけでも人は失敗するものです。失敗なく一度目の挑戦で成功する人なんていませんからね。

成功する人は失敗から多くのことを得ます。成功しない人は失敗から数多くの教訓を得ているだけです。

失敗から得られるものは教訓だけじゃないんですよね。なので、教訓を得たからといって何もしなければ教訓を得るだけで終わってしまいます。中には、同じ失敗を繰り返す人だっているでしょう。

そうならないための一つの方法としては、失敗した経験をいろんな人に語れるように準備しておくことです。具体的には事例を整理しておく。そして失敗した経験を多くの人に活用してもらえるようにしておくといいですね。

そうすれば、教訓だけでなく同じような境遇の人からの共感を得られたり人脈までも得られます。

私なんて成功の数の方よりも失敗の数の方が圧倒的に多い、特別な才能を持っていたり生まれつきの天才ならいいんでしょうがそんなスペシャルな能力もない。そんな凡人だからこそ失敗の経験をフルに活用しないと上に上がれないんですよね。「あー、ダメだったな反省。次に活かそう」なんて単純な繰り返しばかりしていてもうまくいくはずもなく。

「あなたは失敗から教訓だけを得て終わってしまっていませんか?満足して終わっていませんか?」言葉で表現するとシンプルに問いかける形で伝えていますが、ここめちゃくちゃ重要です。

それでは

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
メール配信システム
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2022 インターネットビジネスの世界【UNITE】