サイト構築

更新型ブログ?それともサイト型ホームページ?

更新日:

グーグル先生が評価するウェブサイトとして、有益なコンテンツを増やし続けるということが一つの重要なポイントだと公表されています。サイト型ホームページより、更新型ブログの方が検索に強いと言われています。

その理由はどこにあるのでしょう?

 

更新型ブログの方が有利な4つのポイント

1.ディレクトリ化しやすい

無料ブログサービスでは自動でディレクトリが振り分けられ、ワードプレスでは自分の好きなディレクトリを設定して自動振り分けさせることができます。

グーグル先生が徘徊する上で、ディレクトリで整理されている方が見やすい(評価されやすい)とされています。

ブログの場合は1ページずつディレクトリを設定しなくても、自動で編集(付与)されますので、どんどんインデックスが増えていきやすいのです。

 

2.タグ付けが容易

ワードプレスでも無料ブログでも、投稿管理画面でタグ付けしやすいような仕組みになっています。

タグを付けるメリットとしては、タグの文字自体が検索結果に引っかかることもありますし、訪問者がブログ内のコンテンツを探すときに見つけやすいという利点もあります。

 

3.内部リンク

ホームページと違って更新型ブログでは、記事を更新すると自動的に内部リンクが最適化されます。新着記事・月別アーカイブ・カテゴリとしてトップページに表示されたり、関連記事として表示されるようになります。

特に専門的な知識がなくても、ブログ内を周回しやすい構造が出来上がります。

 

4.更新しやすい環境

HTMLやタグといったものを知らなくても、文字を打ち込むことができれば簡単に更新できる環境にあるのもブログの良さです。HTMLサイトならFTP情報を設定してアップロードする作業が発生します。

ワードプレスや無料ブログサービスでは、投稿も直感的に操作ができるようになっていて、タグがわからなくてもボタン一つで画像を挿入できたり、文字の装飾ができたりします。

気軽にコンテンツを追加したり編集できる環境にあるブログは、コンテンツを増やし続ける上で大きなメリットです。

 

自社ドメインブログか?無料ブログか?

更新型ブログを作成するときに、無料ブログを活用していくか、ワードプレスのような自社ドメインにしていくか、どちらが良いのでしょう。

結論からいうと、そのブログの目的によって決めることをオススメしています。

 

▼「集客窓口を増やしたい」

自社ドメインブログで充分に集客ができている場合、別ドメインである無料ブログサービスを使ってサイトへのアクセス流入を狙ってもよいのではないかと思います。

前提として、すでに自社ドメインブログでのコンテンツが出来上がっている状態で、かつ自社ドメインブログ単体でも集客できていることが重要です。

 

▼「自社ドメインブログを育てたい」

コンテンツを増やしていく作業は時間がかかるものですが、コンテンツは無駄にならず、どんどん溜まっていきます。

それが無料ブログの場合、いくら多くのコンテンツを作成しても、結局は他社サービスでのコンテンツの一部となり、自社サイトのコンテンツとは言えません。

 

まとめると、現時点で最善なサイト構築として、まずは、自社ドメインでのブログでコンテンツを充実させて単体集客をすること。

プラスアルファとして・・・、無料ブログサービスを活用して流入の経路を拡大する流れがベストだと思います。

 

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.