note

note カイゼンのためのアンケートに答えてみました(すべて公開)

投稿日:2019/08/03 更新日:

「note改善のためのアンケート」が送られてきたので、すべて答えてみました。

現在のnoteへの投稿頻度について

現況では、毎日投稿を続けることができています。

他のアカウントでは、様子をみながら運用しているので頻度はバラバラ。毎日投稿したりちょっと間を空けてみたり、どのような数値になるか検証したいので投稿頻度は毎日ではないですが、このアカウントに関しては現在ほぼ毎日投稿しています。

 

noteへの投稿頻度は自分にとってどのくらいがベスト?

今の私であれば、ほぼ毎日投稿することがベストだと思っています。

設問で「理想としては」と聞かれると、いろいろな受け取り方を想定してしまいそうですが、いずれにせよほぼ毎日という回答が一番近いかなと思います。

 

noteへの記事作成にかける時間はどのくらい?

noteに投稿するひとつ記事の作成時間は、1時間あればだいたい終わります。(とういうか、1時間以内を目安に書き上げたいと思っています)

下調べが必要な記事を書く場合や、通常の記事でもネタ探しや構成などを含めると、トータル1時間ではないかもしれませんね。ただ、本文を書き始めて終了するまではだいたい1時間程度です。

※本記事などは画像などもありますので、1時間以上はかかっています。当然、有料記事のように作り込む記事であれば1時間で終わることはないので、結局は投稿する記事によってバラバラですね。

 

noteへの記事作成はいつの時間帯に行っているのか?

投稿記事の作成する時間帯は特に決まっていません。

隙間の時間で書きたいことなどや構成などをメモしておいて、本文はまとまった時間が取れる時に書いています。比較的、本文の作成は早朝か夜が多いです。

 

noteが無くなったらどのくらい困るのか?

noteというサービスがなくなったら非常に困ります。笑

頑張って運営を継続させて欲しいです。そのためには、私ももうちょっと貢献しないとなあ。

 

noteへの投稿周期について

noteに投稿する周期についてはほぼ定期的に投稿できています。

隙間の時間にネタを考えておくことを考えると、二つ目の「不定期(書きたい内容を貯めておいて、時間があるときに書く)になるのかもしれません。ただ、私の感覚だとこの設問では定期的に投稿できているを選択しました。

 

noteで投稿する内容と目的

noteで投稿する内容と目的については、自分が得たこと気づいたことなどのまとめやアウトプットの要素が大きいです。

イラストや小説を書いているわけではないですからね。本当に名の通り「ノート」としての使い方をさせてもらっています。

本当は、もっと制作物のブランディングや自己ブランディング、コンテンツ販売にも力を入れなければいけないのでしょうね。

このあたりの課題はまた後日。

 

noteを投稿していて「やる気が出る瞬間」とは?

やる気が出る瞬間については、コンテンツが売れた・サポートされたというのはかなりのモチベーションアップになり、やる気に満ち溢れる瞬間です。

サポートがあるだけで、「よし!次も書くか」といった気持ちになれます。これは金額の大小は関係なく、サポートされたという事実が素直に嬉しいです。

また、このnoteを通じて存在を知った人もたくさんいます。逆に、noteによって私の存在を知ってもらえたということもあります。他のユーザーさんとはもっと盛んに交流していきたいですね。

連続投稿がnoteの中で褒められたというのも、一つのやる気が出る瞬間だと思います。「●日連続投稿」のポップアップが出るのは、心理的にも継続させたいと思う人が多いのではないでしょうか。

このあたりはうまい仕掛けですよね。

記事の連続更新が途絶えたらモチベーションが保てず気持ちがぷっつり切れてしまう。そんなときは?

ずっと続けていたnoteの連続投稿が途絶えました。 皆さんのように1年2年と連続で投稿していたわけではないですが、切らさずに投稿していたものが切れてしまうとちょっぴりショックです。 何が一番ショックか ...

続きを見る

 

普段書いている投稿はどのような内容が多いか?

普段書いているとこはどのような内容かというと、自分が興味を持っているものや勉強しているものがほとんどです。つまり私の場合、インターネットビジネスです。インターネットビジネスも幅広いのですが、インターネットを使ってビジネスをするといった大きな枠組みです。

それでも特にジャンルを狭めて書くつもりもないので、気になっていることをやプライベートのことも載せていけたらいいなと考えています。

 

noteへはどのようなジャンルで投稿することが多いか?

ジャンルで投稿することが多いのは、日記・備忘録でしょうか。というのも、基本的に自分の学んだこと・得られたこと・気づいたこと・感じたことなどが多いので、どうしてもこのジャンルが多くなります。(ビジネス含む)

また、以前には吉本芸人の記者会見について書いたように、世間の話題となっているニュースや記事に対する感想もたまに掲載しています。

 

noteの投稿で困っていることは?

noteを投稿する際に困っていることはたくさんあります。笑

機能改善要望の部分も強いのですが、その他に記載しているように、自分の過去記事を探すのが大変だということです。スクロールして探すしかないですからね。検索窓で自分の投稿を絞り込むなどできれば助かります。

noteへの機能要望については、「こうだったらもっと便利なのにな」と思うことはたくさんあります。

アンケートには書ききれなかったのですが、画像投稿する際に複数選択できるようになってくれれば嬉しいです。

今は、一枚一枚画像をアップしなければならないので、画像複数選択してアップロードできる仕組みか、ドラッグ&ドロップで投稿できるようになればもっとスムーズに画像を投稿できます。

困っていることの項目に「他人の役に立っているのかが分からない」という部分は、私自身が好き放題書いているので、役に立っているかどうかが分かりません。多分ほとんど役に立ってないと思います。しかし、一人でも役に立ったなと感じる人がいればいいなと思って書いています。

「有料記事が売れない」のも困りごとの一つです。

私はそこまで多くの有料記事を書いているわけではないですが、やはりどうしてもnoteの性質上、記事が流れやすいですよね。

他の媒体から誘導してこない限り、noteだけだとすぐに埋もれてしまいます。サイドバーを活用することや、マガジンに入れておくくらいしか有効な手段が見当たりません。

 

noteへの投稿内容はどこから着想を得ていることが多いか?

「普段noteを投稿する内容はどんなところから着想を得るとこいることが多いですか?」では、日頃から考えていることをメモ帳に書き残しているので、それをネタに書くことが多いです。

この質問項目で「他人との会話」にもチェックを入れましたが、これはTwitterやメルマガから感想いただいたことを元にテーマを決めることも多いからです。

 

まとめ

以上が私の回答です。
それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


*メールアドレス
お名前(姓)

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.