成長 リアルビジネス

事業資金があるケースと無いケースは考え方を変化させる

更新日:

事業に大量の資金を投下できる人を見ると

うらましいと思うこともありました。

これには、

メリットもある一方でデメリットもあります。

 

融資を受けたり資金を事業に投入することには、

良い面と悪い面があるということです。

私の場合、資金が潤沢だったわけではなく、

少しずつ積み重ねていっただけなので、

はじめから資金を使える環境ではありませんでした。

 

なので、

スタート時から資金が潤沢にあった人の気持ちや

物事の考え方を理解できない部分もあります。

うらやましいな~と思っていた時期もあるのです。

 

今回は、資金がある場合と無い場合の、

良い面と悪い面を考えていきたいと思います。

 

メリット

これは当然、事業成長スピードが早くなることです。

事業スタート時もそうですが、

一気に事業を軌道に乗せることができます。

広告費や人件費、開発費に利用することで、

加速することは間違いありません。

 

デメリット

アイデアが出なくなることです。

人間というものは、時間やお金が無い状態になれば、

一生懸命に知恵を絞りアイデアを出そうとします。

逆に、時間やお金がないから

知恵を絞るしかないという考え方もできます。

 

 

このように考えていくと、極端な話、

知恵があればお金が少なくても良いわけです。

 

お金があって知恵を使わないようになると、

その事業は大雑把になり、サポートが疎かになり、

事業衰退の原因の一つになるでしょう。

 

会社や事業が成長し続けるためには、

お金を使えるようになっても

アイデアを出すことを止めてはいけませんし、

そういう人間(社員)を大事にすることです。

 

やはり基本として常に肝に銘じておきたいことは、

「考えて・行動すること」でしょうね。

 

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.