SNS note

一つのものに依存していると危険だと認識しておく

投稿日:2019/07/30 更新日:

何か一つのものに依存することほど他に不安なことはありません。

人に対してであったり、物に対してであったり、サービスに対してであったり、これは様々なことに言えることですが、何か一つのものに依存することは大きなリスクとなります。

例えば、私はnoteなどの無料で利用できる場を借りて、色々と表現させてもらっているわけですが、これもプラットフォームの一つに過ぎず、単に場所を借りているだけの状態です。

もし仮にですよ、何百記事何千記事を書いている無料ブログが、「明日突然サービスを終了します」と言われたらどうしますか?

それまで交流してくれていた読者さんやユーザーとも、ある日突然プチッと交流が切れてしまう可能性もあります。

だからといって、すべて自前のサービスを用意しろってわけではなく、一つのことだけに依存していると、いざそれが無くなった時に大きな痛手となるってことです。

それを回避する方法として、このnoteとTwitterを両方運営するというのも一つの手ですよね。

なかなか考えづらいことですが、「明日からテキストでの投稿をサービスを終了します!今後はイラストのみです」とサービス内容が大きく変わったとしたら、私たちはそれに従うしかありません。

そして、テキストメインで書いている人はなすすべもなく、ただイラスト中心のサービスを外から見守っていることしかできないのです。

ただ幸運なことに、このnoteはTwitterとも相性が良く、一緒に組み合わせることで多くの人に書いた記事を届けることができます。

noteだけしかやっていないという人はTwitterのアカウントを取得して、そちらでも交流できるような仕組みを作っておくと良いですね。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


*メールアドレス
お名前(姓)

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.