諦めない

考え方・マインド

諦めるのではなく見切りをつける

「見切りをつける」と「諦める」は似て非なるものです。見切りには戦略的意図がありますが、諦めるには何の意味もありません。

絶対に勝てないとわかっている勝負に対して挑むのも諦めの一つです。勝つことを諦めて勝負に挑むなんて勝機を見い出せませんからね。

不思議と一度物事を諦めるとクセになりますからね。この諦めるクセほどほど厄介なものは他になく、悪い方向にクセが身に付いてしまうと諦めるまでの期間も徐々に短くなっていくこともあるのです。

そのような状況にならないためには、今の現状を打開するためにはどうすればいいのか?に対して思考に思考を重ねることです。そして思考を重ねた結果、見切りをつけていくようにしていく。

戦略的に見切りをつけて撤退する選択が必要なときもありますからね。意地になって留まることがすべて美徳だとは思えません。

言葉だけの違いじゃないか?と思われる場合もありますが、仮に言葉だけだとしても「手を引いた」後に自分の中に残る印象も全く異なるものです。

投資の世界でも「損切り」という言葉と行為がありますが、うまく収益を出している人は例外なく損切りをうまく活用しています。これは諦めではなく見切りです。

投資の損切り、事業の見切り撤退、利用プラットフォームの見切り撤退において、私は相当早い自信があります。早いけれども試行錯誤したり思考を重ねたりした上での判断です。

すでにクセづいてしまっているかもしれないと思う人は、「諦める」のワード自体を封印するくらいの気持ちでやっていきましょう。

それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】