営業日誌

仕事に対しては夢中になって、周りが見えなくなるくらい熱中するくらいがおもしろい

更新日:

熱中しているものがあると、
時間の経過を忘れることがあります。

いま、私はそんな状態です。

 

気になる無料案件が続々と登場している中で、
紹介するのをほったらかしにするほど、
夢中・熱中して取り組んでいるビジネスです。

こういう精神状態というのは、
求めていてもなかなか出会えることもないので、
のめり込んで仕事に没頭していました。

その合間に、新しく登場したツイッターツールを稼働させたり、
無料案件の情報はチェックしている状態です。

 

で、ですね。

夢中に打ち込める仕事に出会ったり、
同じ仕事でもそんなスイッチが入ったときは、
他のことは後回しにしてでも熱中することがオススメです。

やはり、自分が夢中になっているビジネスや精神状態だと、
作業スピードが全然違いますし、結果も残りやすいです。

基本的には、複数のビジネスに進出することの方が少ないため、
新しい仕事に出会うことでの「夢中・熱中」は少ないですが、

同じ仕事でも「夢中・熱中」になるタイミングがあります。

 

運が良ければ1ヶ月に1回くらい。
調子が悪ければ、3ヶ月に1回くらいのペースで、
その精神状態が訪れます。

説明しづらいことですが、自分が「これだ!」と感じ、
「それに対して突き進みたい!」と思ったときがチャンスです。

新しい商材を手にしたときに
そういう気持ちになる人もいるでしょうし、
新しい人と出会って刺激を受けたときに
そんな精神状態になる人もいると思います。

どうしてもそのキッカケや、追い風を掴めない場合、
自分でアクションを起こして、
いつもと違う行動をとることで掴めることもあります。

ぜひ、仕事に対しては、
「夢中・熱中」になってほしいと思います。

 

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.