仕事オフィス

考え方・マインド

雇われずに生きていくことが必ずしも良い選択とは限らない

他人様が作った箱やルールの中で動いているのか、それとも自分が作った箱やルールで動いているのか。今はどちらなんだろうと意識してみましょう。

どこかで「雇われずに生きていく」なんて聞いたようなフレーズもありましたが、他人様が作った箱やルールで働くほうがパフォーマンスが高い場合は、無理に自分の箱を作ってパフォーマンスを落とす必要もないんですよね。

なんとなくのイメージで「人に使われるのが嫌」とか「この上司の元では働きたくない」なんて愚痴ばかり言っていませんか?

自分の箱やルールで働くとしても取引先や顧客がいるわけで、「あの取引先とは合わない」「あのお客さんは苦手」と愚痴ってばかりいては仕事になりません。

周りを活かすことで自分が活きる、周りがいることで自分が活きる、なんてこともたくさんあります。

自分は、他人様が作った箱やルールの中で動く方が合っているのか、それとも自分が作った箱やルールで動く方が合っているのか。どちらの方がパフォーマンスが高く、自分を活かすことができるのかを考えてみるとよいのではないかと思う次第です。

それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】