マーケティング

なぜ思慮を巡らせて勝手に判断してしまったのか?

更新日:

あなたは「串カツ田中」というフランチャイズのチェーン店をご存知ですか?

関東を中心に展開しているので、東京でも良く見かける飲食店です。東京ではどの街でもよく見かけていて、「本場大阪!」を打ち出している串カツ屋です。わたしも美味しい串カツが手軽な料金で食べられるということもあってよく利用しています。

この串カツ田中を初めてみたときに、「大阪にこんな店舗あったっけ?」と、思っていました。

大阪を離れて10年以上経っていることもあって、大阪では有名なお店でもできていたのかなと思っていたのです。なぜかどこの店舗に行っても、関西弁(っぽい)感じで注文を取ってくる店員さんも多かったからです。しかし、大阪に戻ってきてわかりました。

「串カツ田中を知らない人は多い・・・」ということです。

よく調べてみると、串カツ田中の一号店は東京の世田谷区。がっつりと江戸っ子の店舗なのです。チェーン店として大きくなった今では大阪でも数店舗出しているようですが、大阪では知らない人もかなり多いですね。それでもまだ大阪ミナミ周辺には1店舗。キタ(梅田・北新地)には0店舗です。

参考:大阪では「福島店」「西中島南方店」「アメリカ村店」「堺泉北店」「土佐堀店」「岸和田店」の6店舗(※2018年4月執筆現在)

これって、うまい戦略だなあと思います。

ほぼ完全に「大阪で流行っているお店が東京にも進出してきた」と勘違いしていました。イメージ戦略にも近い進出方法です。

現に、友人と食べに行ったときにも、「このお店って大阪でも有名なんでしょ?」と聞かれることが何度もありました。本場大阪の串カツだというイメージで食べていた人も多いのではないかと思います。

この件に関しては勝手に私が「勘違い」していたわけですが、これはインターネット上のビジネス戦略でもよく使われることです。「名物串カツ田中 大阪伝統の味」という文字だけでユーザーは勝手に判断し、行動することもあるわけです。

商品やサービスを販売するときに、●●大学の▲▲教授監修というだけでも売上げは伸びます。

昨年末に医療・健康サイトのグーグル検索順位が激変した事件があります。その後は専門家が監修したサイト(医師監修等)だと評価されやすいサイトになるといいます。批判が相次いだ、DeNAが運営する健康美容情報サイト「WELQ」も多くのユーザーが勘違いしましたよね。

誰かをだましてやろうと悪意をもってビジネス展開しているならば必ず痛いしっぺ返しを食らいますが、、、受け取り手が勝手に思慮することもあります。

これら情報受け取るユーザーがどう思うかを考えながら戦略展開していく、そういった方法もあるわけですね。

 

今すぐチェック

※本内容はメルマガのバックナンバーです。続きを読む場合はこちらから。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.