LINE

LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのような表示になるのか試してみた

投稿日:2017/12/14 更新日:

LINEのメッセージ取り消し機能が実装されました。送り間違えたメッセージやスタンプなどを送信後24時間以内なら取り消すことができるという機能です。本当に使える機能なのか試してみました。

スポンサーリンク

LINEメッセージ取り消し機能を実践

まずは、LINEアプリをアップデート。

 

メッセージを取り消すには、消したいメッセージを長押しして「送信取消」をタップ。簡単です。

 

本当に取り消していいのか確認画面が表示されます。相手がLINEアプリをバージョンアップしていない場合は、消えない場合もあるようです。

 

「メッセージの送信を取り消しました」という表示が自分の端末に表示されます。

 

メッセージを取り消すと相手の端末にはどのように表示されているのか

自分の送ったメッセージを取り消すと自分の端末には「メッセージの送信を取り消しました」という表示になります。気になるのは、相手の端末からちゃんと表示が消えているのかどうかという点です。相手側(受信側)の画面表示を確認してみました。

この表示、いらねー笑

相手側の端末には「●●がメッセージの送信を取り消しました」という表示になります。つまり、誤送信したけど取り消したよ、ということが相手に伝わります。

グループLINEを使ったいじめを抑止するには取り消したという表示もある程度必要かもしれませんね。LINEメッセージ取り消し機能には、このような表示が相手の端末にも出ているのは頭に入れておきたいポイントです。

また、相手がLINE設定でメッセージ通知の内容表示をONにしている場合は内容を確認することができます。これは取り消し機能を使った後でも、相手の通知画面を消すことはできません。

リアルタイム通知で表示されるのはもちろんのこと、通知センターにも残っています。「完全なるメッセージの取り消し」というわけにはいかないようですね。

 

LINEメッセージ取り消し機能まとめ

誤送信を消せる機能自体は便利ですが、相手に「メッセージ消したよ」的なメッセージが表示されるのは嫌ですね。結局、変に怪しい。何のメッセージだったの?という会話が始まるのは必須でしょうね。

そこで「いやいや、●●というメッセージを間違って送ったんだよ」というヘタな嘘をついてしまうと、大ケンカになるかもしれません。すぐに誤送信だと気付いてメッセージを取り消しても、相手の通知画面に残っている場合は相手に誤送信の内容が伝わっていますので。もう少し改良されることを期待します。

今回の取り消し機能で覚えておきたいポイントは

  • 送信後24時間以内だと取り消し可能
  • 取り消した形跡は相手に伝わる
  • 相手がアプリのバージョンアップをしていない場合は消えないこともある
  • 相手がメッセージ通知の内容表示をONにしている場合、内容を確認されている可能性がある
  • 取り消しても運営側のサーバーには残っている

ご参考までに。

(※IOSラインアプリ:バージョン7.18.0における記述です)

-LINE
-

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.