成長

新しいことを始めるときはパワーが必要で時間もかかるのは当たり前

投稿日:

新しいことを始めるってとてもパワーを使います。

実際にやったことないと使ったところのない脳みそをフル回転させるから頭も使うし、勉強もしなきゃいけないし、見たこともない横文字もあるし。

でも、それに対して一つずつ勉強していくことが大切なんですよね。

 

過去に同じような経験をしたことはありませんか?

例えば、Googleの無料で使えるアクセス解析のGoogleアナリティクス。まあこれはブログをやってる人であればほとんどの人が知っていると思うし、導入しているものだと思います。

このGoogleアナリティクス一つをとっても、私ははじめのころ、管理画面に書いている多くの意味がまったく理解できませんでした。横文字も多いし、アカウントとプロパティとビューの違いすら分からず、ひたすらアカウント一つにつき一つのサイトを作らないといけないものだ、と思ってたくらいです。かなりやばめです。

アカウント一つにつき一つのサイトで設定していく使い方をしていれば、サイトが増えれば増えるほどアカウント数が増えていきますよね。

今となれば、アカウントとプロパティとビューの違いが分かるのですが、そういった階層の仕組みすら理解するのにも時間がかかっていたので、とりあえず設置はしたものの、データはユニークユーザーとページビューだけしか見ていないような時もありました。

それくらい新しいものを自分の頭の中に入れる事って大変だと思います。分かってる人からすれば本当簡単なことだと思うけど、少しを理解するだけでもとてつもない多くの時間を費やしてしまうんですよね。

ただ、それを避けて何か大きなことを成し遂げるっていうのは難しいことです。新しいことにもチャレンジする、そしてそれについて勉強する・学ぶという意欲がなければ、どのジャンルに取り組んだってどのビジネスに取り組んだって、うまくいかないことが多いです。

 

本質を理解できれば他の人に任せることもできる

だからといって、すべてのジャンルを網羅する必要はないとも思っています。

自分がチャレンジしてみて、ちょっと苦手だなと思うことに関しては、他のできる人に任せておけばいいし、自分には自分にできないものや自分の強みを生かせることに対して、時間や労力を使うべきだと思います。

ただ、他の人に任せるにしても、最低限の知識や本質が分かっていないと、指示を出すこともできないし、方向性を示すこともできません。

簡単にいうと、「稼げるアフィリエイトサイトを作って下さい」と誰かに依頼しても、「じゃ、実際にどのようなサイトを作ったらいいんですか」ってなってしまうということです。

実際に自分自身が、どういったサイトなら稼げるのかの本質を理解している状態で指示を出すこと。それが出来ないと、何も分からず方向性も定まらないような人が作っても、稼げないサイトばかりを量産するような形になってしまいます。

だから、実際に取り組むことに対しての本質の部分は勉強したり自らが実践して経験していないと難しいわけです。これはどんなことにも当てはまることだと思います。

だからこそ、新しくその分野でチャレンジしたいと思ってることに対しては、しっかりと勉強するべきだし、たとえそこに時間がかかったとしても、その分野で成功したいと思うのであれば、学ぶことや時間を費やすことから逃げてはいけない、と思う次第です。

日々勉強、日々行動ですね。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


*メールアドレス
お名前(姓)

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.