下書き

note

note.com/new と入力してすぐにnoteを書き始めよう

パソコンブラウザのアドレスバーやスマホのブラウザアドレスバーに note.com/new と入力するとnoteのテキスト新規投稿画面が開き、すぐにテキストを書き始めることができます。

ウェブブラウザのブックマークに入れておくと便利ですね。

「noteを開く→新規投稿」の手順が「新規投稿」まで一瞬で飛べるので気軽にメモを書き留めておきたいときや思いついたときにさっと書いて下書きに入れておくなど、使い方は様々です。

私は日頃、noteに直接書き込むことはないので下書きはあまり溜まらないタイプです。グーグルドキュメントかテキストファイルに書いているので、下書きはある程度「投稿するぞ」と思い立ったもののみです。

それでも多少は溜まっています。

今確認すると、noteだとこのくらいの下書き数

noteの下書き

他ブログの一つでも確認してみましたがこのくらいありました。(※このブログではないです)

下書き

思いついたことをそのまま書いていきたいとも考えているのですが、誰もが見れるスペースに何か書くというのは、内容によっては投稿を躊躇することもあります。グーグルドキュメントやテキストファイルで書いていて、「よし!投稿しよう」と思ってnoteにコピペしたのにも関わらず、です。

こてんぱんに書き下ろすこともあれば、運営会社や何かのサービスに対しても(提案や代替案ありきで)はっきりと意見することもあります。それでも、「あっ、これを書くと確実にビジネスに影響が出るな・・・」と思うこともあるのです。

こんな私でもビジネスをやっていることもあり実名で活動しているわけですから、公共の場所に何かを書くというのはそれ相応のタフさは必要なのです。

だからといって、何も書かないというのはもったいない。

それが後々、運命を変えるアイデアとなったりコンテンツ作りのヒントになることもありますからね。なにより、日々の気付きや学びを何かに残せる。そのときの感情や思いとセットで。

だから、何かしら書き出すことやアウトプットすることが好きなのでしょうし、テキストに限らず音声や動画で残すことも好きなのだと思います。

「いま、感じたこと」
「今だからこそ書けること」

公開する公開しないに関わらず、手軽に書く方法の一つとして「 note.com/new 」を活用していきましょう。

※試しにログインした状態でアクセスしてみてくださいね
note.com/new

それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】