イベント

note

note記事紹介企画100日目という節目を迎えて~企画を通じてわかったこと~

noteで開催している「あなたの記事紹介プチ企画」が本日100日目となりました。一緒に楽しんで参加してくださる皆さまのおかげです。いつもありがとうございます。

100日の節目で気の利いたあとがきを書こうと思ったのですが、ここで以前のように書いてしまうとなんだかゴール達成後の終わりのような雰囲気になりそうなのでやめておきます。

普段、リンクコメント以外のコメントも非常に嬉しいです。ちょっぴりコメント返すの遅くなりますが(ごめんなさい)、日々楽しみに拝読しています。

正直なところ、紹介プチ企画で取り上げたとしてもある日突然たくさんの人に見られるものではないと思います。

note運営の重要なポジションにいらっしゃる方々からフォローされているとはいえ、「思わず読んでしまいたくなる記事タイトル」「大量に流れるタイムラインの中から目に留まるようなサムネイル画像」は私の力が及ぶ範囲ではなく、もしリアクションしてもらった記事があったとすればここに参加してくださっているあなたの努力の賜物です。

また、一般ユーザーの方がなにかのきっかけであなたが書いた記事へ訪問して、その後に再び訪問してくれるのは「また来よう」と思ってもらえるような素敵なnoteをあなたが書いたからです。ほんと、私は何もしてません。

そんな効果があまりなさそうなこのプチ企画をなぜ続けているのか?というと、それでも「おもしろそうだな」「時間があるから覗いてみようかな」「今日はあの人来ているのかな」なんて楽しみにしてくれている人がいるからです。

今日はあとがき書かないでおこうと思いながら、書き始めたらここまで書いちゃってますが・・・

ともあれ、100日は単なる通過点であり、この先いつまで続くかまったく予想できませんが、一つでも紹介するリンクがある限りは続けていく所存です。

100日の節目として読んでもらいやすい傾向とポイントを分析すると、

  • サムネイル画像が設定されている記事
  • サムネイル画像はポジティブな連想をしやすいもの
  • (ネガティブ系なら)他人の不幸は蜜の味、の心理を刺激するようなタイトルとサムネイル
  • タイトルがおもしろそう、内容が気になるタイトル

これらが、Twitterでは比較的クリック率も高く、一旦は興味を示してくれやすいようです。このように、いいね数とクリック数は比例していません。こっそりと読みに行く人もいるようですね。その先、noteでのイイネやファンになってくれるかどうかは内容次第かなと思います。

第一印象のタイトルとサムネイルで目に留まる&クリックするがほぼ決まり、次回以降に訪問するかどうか、ファンになってくれるかどうかは本文の内容で決まります。(名前を覚えられていないなら一度目の本文でで微妙な印象であっても二度目の訪問チャンスはあります)

女性とのデートは3回までで勝負は決まると言われますが、noteでも3回連続でいい印象を与えられなかったらファンになってもらうのは厳しいのかなと。もしずっと反応が得られないなら書いている内容やジャンルを大きく変えることを考えてもいいかもしれませんね。

ゲームのように「ああでもない、こうでもない」と試行錯誤するのも楽しみの一つですので、理想である「他の人が読みたいと思うもの」と「自分が書きたいもの」の重なり合う部分を見つけられるといいですね。

今日も引き続きお待ちしています。
それでは

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】