note

noteとの向き合い方について

投稿日:

noteの向き合い方について以前このような記事(何か一つ、毎日表現してみる。たったそれだけで変わるものがある。)を書いたのですが、今でもその気持ちは変わっていません。

変に構えてしまって筆が進まないよりも、まずは吐き出せることを全て吐き出して、後から整えていく方法でも良いと思うのです。あまりにひどい場合、下書きやボツ作品にしちゃってもいいわけですし。

自ら表現したいことを表現してみることが第一歩となります。

当然ながら、人気記事にしたいなら優先順位はありますよ。
優先順としては

  • ニーズのある記事
  • あなたが書ける記事
  • あなたが書きたい記事

このような順で考えています。

私の記事は「あなたが書きたい記事」ばっかりなんですけどね。笑

それでも収益ブログ記事やテーマを決めた媒体の場合はニーズのある記事を最優先しています。(というかそれがないと無理。アクセス増えない)

ユーザーの目線を無視して自分の書きたい記事ばかり書いていても収益を得たり共感を得られることを期待できません。

それでも、はじめの第一歩や自分の考えをまとめる場として使う場合は、言葉の表現を練習する場だと考えて積極的に書いていくのも良いのではないでしょうか。

あわせて読みたい
何か一つ、毎日表現してみる。たったそれだけで変わるものがある。

noteならnoteでもいいし、ブログがあるならブログでもいい。 Twitter でもいいし Facebook でもいい。 一日一つ、学んだことや感じたことや得たことなどをアウトプットする癖をつけてみ ...

続きを見る

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2020 インターネットビジネスの世界【UNITE】