サイト構築 メルマガ構築

書籍とブログとサイトコンテンツとメルマガでは全て文体が異なる

投稿日:

ブログを書くとき、どのような文体で表現したら良いのかと考えたことはありますか?

  • 書籍で使う文体
  • ブログで使う文体
  • サイトコンテンツで使う文体
  • メルマガで使う文体

私が書くものは、これら全て文体・表現・書き方が異なります。意識して変えてる時もあれば、無意識のうちに変わってることもあります。

 

なぜ、書き方が異なるのか?

これらの文体は揃えた方がいいという意見もありますが、私はそうは思いません。バラバラでいいし、むしろ別々の方がいいと感じています。

例えばメルマガなんて国語として考えると、赤点レベルの文章を書いていると思いますし、句読点を使う位置も教科書通りではありません。

ただ、そちらの方が読まれるし反応がいいのです。

具体的には、メルマガだと長文一つの文節が非常に短いです。つまり、文章が始まって「。」で終わるまで、この一文が非常に短いということです。

なぜかというと、メルマガで短く文章を切らずにダラダラ記述してしまうと、改行の時に読みづらくなってしまったり、メルマガ内の文章が頭に入ってこないということがあるからです。

特にメルマガなんて、多くの人が流し読みをしています。メルマガから何かを吸収しようといった意識で読む人はほとんどいません。だからこそ、頭にスッと入るような文章の方が読まれます。

また、私の場合は口語で表現することが多いです。これも意識している部分もあれば、無意識の部分もあります。

今書いているこの文章も、プロの人から見ればおかしい日本語であったり、表現が気持ち悪いと感じるところもあるでしょう。

私はプロの物書きとして教科書を制作するような人間ではないので、そこを追求したこともありませんし、これからも追求することはないと思います。

「伝えたいことを書く」
「自分の思っていることを表現する」

何が伝えたいのか、それを回りくどくなくストレートに表現した方が、流し読みの人からしてみても都合がいいんでしょうね。

 

そりゃ、書けるに越したことはない

私自身も誰かのメルマガを一語一句丁寧に見ていることなんてほとんどないですし、いくら長い文章であっても、かいつまんで流し読みしてしまうことがほとんどです。そんなもんだと思いますよ。

もし、ブログ記事が書けない人や文章がなかなか書けないと思っている人は、ここの部分にこだわりすぎているのかもしれません。

もちろん綺麗な文章が書けるに越したことはないですが、そこを追求しすぎると「表現」という部分で「書くこと」を一歩踏み出すのが億劫になってしまいます。

きちんとした文章だけを書こうと思ったら、一から日本語を学び、国語の勉強をしなおし、出版社に入り、プロのライターさんに弟子入りするところから始めなければいけなくなります。

私たちは、表現することの方が大切ですし、一記事でも多くあなた自身を表現できるような記事を書いた方が有益です。

 

書きたいと思っていながらも書けない人

まあ、こんなことばっかり言うと強がりにも聞こえてしまいますけどね。

結局は綺麗な文章が書けないんだろう、しっかりとした日本語の文法が使えていないんだろう、と言われるかもしれません。そこを突かれると、グサッと心に刺さりますが、それはこれから勉強することで改善することができます。決して開き直っているわけでも、勉強をあきらめたわけでもありません。

なぜ文章を書くのか、表現をするのかといった最終目的によるかと思いますが、ただビジネスとして言葉で表現したいのであれば、そこまで綺麗な文章じゃなくてもある程度生きていけますし、収入を確保することができます。

なぜなら私がそうだからです。

綺麗な文章は勉強する気があって直そうと思っているならば、誰しもが改善させていくことができます。ただ、「文章を書く」ということ自体に関しては、書きたいと思っていながらも書けない人が多くいるわけです

つまり、気持ちじゃない何かがそこにはあって、文章を書くことに対してのブレーキをかけているような状態です。それでも、当の本人は書きたいと思っているのに、です。

何が言いたいのかっていうと、文章を綺麗に書くことは大事だとしても、言葉で表現することをやっていきたいと考えているならば、まず「書く」ということについてもっと考えてみた方がいいのではないかと思うのです。

どうやったらブログ更新を継続してできるようになるのかな、どうやったらネタ探しに困らなくなるようになるのかな、どうやったらパソコンに向かいタイピングする作業を苦痛に感じずにやることができるのかな、ということをもっともっと追求した方がいいのではないかと思うのです。

綺麗な文章は大切ですよ。それは見た目もすごい整理されているし、見た人の心を引きつけるような素晴らしい表現方法なのかもしれません。

でも、そこにこだわりすぎて書く手が止まってしまうことの方が問題で、まずはあなたのことを表現する第一歩を踏み出すことの方が大切です。

自分なりの文体や自分の言葉で構わないので、まずは「書く」ということから始めてみましょう。

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.