サイト構築

ドメインのペナルティを調べる方法

投稿日:2014/03/12 更新日:

ドメインを取得するときには対象ドメインをしっかり調査しないと、痛い目に遭うときがあります。つい先日、そんな痛い目に遭ってしまいました。

先日、良い語呂合わせのドメインが空いていたので、新規で取得しました。いつもペナルティ関連は調べるのですが、前所有者関連はスルーしていた状態です。

いざ、新規取得後にサーバーへ追加しようとすると見たこともないエラーが・・・。

どうも以前の所有者がそのまま設定を解除せず、放置していることによるエラーのようです。すぐにサーバー側へ問合せすると、以下のような回答が。

弊社にて調査を行いましたところ、●●ドメインの以前の所有者様が、弊社サーバーにドメイン設定を行われたままの状態にあるようでございます。

弊社サーバーの仕様上、既にサーバーに対して設定が行われているドメインは別の弊社サーバーに対して追加設定を行うことができないため、現在お客様のサーバーにてご利用いただけない状態となっております。

これはマズイかも?!と思い、すぐバックリンクを調べました。

結果的には、バックリンクを調べてみても、おかしなリンクは付いていないし。過去のサイト履歴を見ても、初期画面からずっと変わっていない、たぶん放置されていたと思われる状態です。

中古ドメインに当たり外れはあるものの、新規取得では完全に油断していました。ペナルティが付いているドメインを取得してしまうと、自分にも引き継がれる可能性がありますからね。。

ドメインのペナルティを調べるときには、複数の側面から調査するのですが、私がよく利用している2サイトを紹介します。

■海外サイトですが、こちら。
⇒ Website Reputation Checker Tool 

ドメインを入力して「Submit Now」でOKです。

※表示される英語が気になる人は、クロームのブラウザ翻訳にかけてください。

万が一、所有しているサイトがすでにここに入っているようなら、変更を視野に入れるべきかもしれません^^;

あなたのサイトは大丈夫でしたか!?

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2020 インターネットビジネスの世界【UNITE】