コミュニケーション

女性の心をグッとつかむ、簡単な褒め方のコツ

更新日:

女性に対しては形で表現するとうまくいきます。この手は使って損はありません。
どうしても男性より女性の方が自分の容姿を気にします。
本能的なものがあるのでこれは当然です。

女性に対して、こういったことに積極的に言葉にすることがポイントです。

「かわいいね、きれいだね、素敵だね」

心の中に思っていても、それを言葉として伝えることです。
日本人は褒め下手なところがありますが、どんどん口に出して形にしてあげると好かれます。

「お前の良さは分かってるよ」と心の中で思っているだけでは満足してくれません。
言葉に出した方が得策です。

 

例えば、女性は足の爪にネイルをすることがあります。

そんなとこ誰が見るの・・・?と、男性は思っちゃいけません^^;
「素敵だね♪」の一言で関係良好です。

褒め下手なんだよーという方もいるかもしれません。

そんな方へ・・・朗報です!
簡単なコツを2つお伝えします。

 

■具体的に褒める

恋人編で例を出すと、「オシャレだね」だけじゃなく、「そのネイルのストーンオシャレだね」と、ちょっと具体的に。

下記の主語を意識することと組み合わせると、「俺はそのネイルのストーン素敵だと思うよ」となります。

 

■主語を意識する

夫婦編で例を出すと、普段ご飯や洗濯をしてくれているなら、

「いつも頑張ってるね、ありがとう」は×
「いつも助かってるよ、ありがとう」は○

 

相手を主語じゃなく、自分を主語に褒めると喜ばれやすいです。

「(あなたは)いつも頑張ってるね、ありがとう」は×
「(わたしは)いつも助かってるよ、ありがとう」は○

 

もっと具体的にすればなお良しです。

「(わたしは)いつも炊事をやってくれるおかげで、
仕事に集中することができて助かってるよ、ありがとう」

 

これ、ほんと円滑な関係になります。
あなたが結婚しているなら、なおさら声をかけてあげてください^^

 

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.