SNS

ポジティブ投稿に徹して、いい子ちゃんを演じる

投稿日:2014/12/11 更新日:

TSUやFacebookでは少し毒づいた投稿に対してあまり好まれない傾向にあるようです。このへんはTwitterと異なります。

某有名な方もFacebookでは常にポジティブ系にして、ネガティブ内容は一切投稿しないと言います。

TSUではどちらになるか試したところ、Facebookに近いポジティブ投稿の方が多くの人に好まれることがわかりました。

Twitterではブラックジョークも面白く受け取られて拡散していきますが、TSUやFacebookでは不人気です。TSUは投稿記事ごとにView数が表示されるのですが、View数は突出して多いのにLikeが押されないのです。

同じ人がやっていても、媒体によって異なる反応が見えるのは楽しい&難しいことですね。しかし、徐々に使い方や好まれる記事がわかってくると楽しくなってきます。

極端に言うと、どんなに言いたいことがあったとしても、黙って「いい子ちゃん」を演じ続けた方が、万人に好感を得る可能性が高いことになります。

ポジティブでもネガティブでも最終的に行き着くところは相手からスタートした表現であること。決して、自分からスタートした自分本位の表現では誰にも好まれないことを繰り返し理解しておくことが大切です。

自分のメリットでしかなく、相手のメリットになるものが一切なければ、誰の心にも響かないということですね。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


*メールアドレス
お名前(姓)

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.