削ぎ落とす

ブログ作成

文字を削ぎ落として洗練された文章を目指す必要はない

三行程度の更新に必要な文字数はたった102文字です。ツイッターの140文字より少ない文字数なのですが、この102文字が意外と難しい。

言葉は短くすればするほど難しくなると私は考えています。ダラダラ書くほうがラクなんですよね。メッセージを込めた状態で短い文字数に収めようとすると、めちゃくちゃ言葉を削ぎ落とさないといけない。

だから「わずか三行程度の記事更新ってどうなの?!」の記事に込めた意味は、「削ぎ落とした洗練された文章を書こう」じゃなくて「ボリュームにとらわれること無く更新しよう」ってことです。

「何文字くらいは書かないといけない」
「メッセージ性は絶対に必要だ」
なんてことを意識しすぎずに、自由に執筆することが大切なのかなって思います。

※これでも321文字。けっこう難しい・・・苦笑

ブログ
わずか三行程度の記事更新ってどうなの?!

noteの位置づけをブログとしているのか創作物の発表場所としているのか、使い方は人それぞれです。 本日はタイトル通りなのですが、わずか三行程度の記事更新はどうなんでしょう? 「アリ?ナシ?」で言うと、 ...

続きを見る

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】