めんどくさい

マーケティング

レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけないこと

投稿日:2018/03/31 更新日:

あなたは、お問合せフォームやメルマガ登録時のメールアドレスの入力項目について「確認のためもう一度入力してください」という項目を付けていませんか?

このメールアドレスの再度入力って、本当に必要な項目なのかな?って思います。ユーザーの手間が一つ増えるだけで、その有効性はどうなんだろうと感じるわけです。

なぜなら、私はいつも「コピペ入力」だからです。はじめに入力したメールアドレスをコピーして、下にそのまま貼り付ける。

こういった人が多いのではないかと思います。間違ったメールアドレスの送信を防ぐことが目的なら確認項目の再入力がコピペなら意味がありません。

これについて、海外の検証記事によると、6割以上の人がメールアドレスの項目をコピペにて入力することが、調査によって判明していると述べています。

大事なのは、ユーザーの面倒な手間を減らす方法は常に考えるということです。

私が設置しているフォームでは、アドレス確認項目の利用は半々くらいです。申し込みフォームなど重要なフォームだけはアドレス再入力の項目を外していません。逆に、簡単なメッセージをもらうときなどは、再入力の項目や必須入力項目を減らしています。

また、ユーザーの事を考えると、入力した内容を保存して呼び出せると便利ですね。私も設置フォームでは頻繁に利用しています。呼び出し機能を取り入れたことで、リピートで感想を送ってくれる人が増えました。

細かいことではありますが、マーケティング手法は国外の方が最先端です。ちまちまと海外のマーケティング情報を勉強して取り入れるようにしています。

特に、私のような小規模の情報発信者ならば、こういう細かいところに配慮しておかないと大型配信者には勝てませんからね。

こういう本を読んで勉強しましょう。(→オススメ書籍

 

今すぐチェック

※本内容はメルマガのバックナンバーです。続きを読む場合はこちらから。

-マーケティング
-,

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2018 All Rights Reserved.