メルマガ構築 営業日誌

まぐまぐで強制廃刊に?今後メルマガとどう向き合っていくか

投稿日:

メルマガでもお知らせしましたが、まぐまぐで大きな動きがあり、大物の起業家たちもメルマガ配信の老舗であり最大手のまぐまぐから撤退するような動きを見せています。

私もまぐまぐでの配信を縮小し、独自配信へと切り替えています。そのため、現在まぐまぐのみで購読している人は早めに新メルマガへ登録し直しておいてください。

https://itwn.jp/mag/

 

大目に見てもらっていただけ

これまで長年にわたって、まぐまぐでメルマガの配信をしてきました。まぐまぐでのメルマガは殿堂入りを果たし、長期間続けてきたんだなぁという実感もあるので、好きなように配信できなくなると考えると寂しい感じもします。

すでにアカウントが停止され、メルマガが強制廃刊される人が続出していますが、まぐまぐの利用規約を見ても大きな変化はありません。今回の動きはまぐまぐの利用規約が変わったというよりも、規約が守られていない人がいるから厳しくチェックしはじめただけだと思います。

なので、まぐまぐのメルマガの運営体系が変わったというわけではなく、「これまで大目に見ていたものをちゃんと監視して適正なものにしていきますよ」と言ったもののようです。

なにも、まぐまぐが悪いわけではなく、多くの人が(私も含めてですが)これまで大目に見てもらっていただけです。

 

どのようなメルマガがまぐまぐ強制廃刊となっているのか

これといった明確な基準はありませんが、広告ばかりのメルマガは優先的に排除されているような気がします。

幸いにも、最近私が配信しているメルマガの内容は、広告がほとんど無いので大丈夫かと思いますが、それでもいつどんなタイミングで退場宣告を受けるか分かりません。強制廃刊にビクビクしながらですので、言いたい放題書けない状況です。

やはり、誰かの目を気にしながらの文章や言葉を選んで書いてしまうとつまらないものになります。伝えたい本質が表現が変わったり、伝えたい本質が見えづらかったり、何より自分らしくなくなってしまうことが怖いのです。そのため、今後は独自配信メルマガをメインに表現していくようになると思います。

 

突然の出来事ではなく猶予期間だった

これって何もまぐまぐに限った話ではなく、今回はまぐまぐといった他社サービスを利用して配信させてもらっていたからこそ起きたことです。

他社のサービスを利用させてもらっている状態ですので、「突然厳しくするよ」と言われても文句が言える立場ではないですよね。ただ呆然と状況を眺めていく、もしくは自分自身のメルマガ配信内容を直すしかありません。

メルマガのリスクヘッジとしては、複数のメルマガ配信システムを使って配信することです。そしてメルマガ読者は自分で管理できる状態にしておくことだと思います。

私自身もいくつかのメルマガ配信システムを使ってメルマガ配信をしていたので、この日が訪れるまでにある程度の準備はできています。それでもまぐまぐでの配信規模はかなり大きかったので、痛手になることは間違いありません。

しばらくの間はまぐまぐでもメルマガ配信を続けていこうと思いますが、いつ強制廃刊になることやら・・・。

何かあった時のために、常に備えておくことは大切だと改めて感じました。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


*メールアドレス
お名前(姓)

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.