成長 note

今歩んでいる人生、会社、職業、報酬体系。それらすべては自らで選んで決めたもの。今すぐ安定した収入を望むならサラリーマン勤めしたほうがいい。

投稿日:2019/07/25 更新日:

吉本興業と吉本興業の芸人が開いた会見が、各方面で尾を引いていますね。そもそもの発端に対する論点はどこいった?との意見はあるものの、これに乗じて会社批判や給与体制の不満が一気に噴出しているところが非常に気になります。

 

今すぐ辞めましょう

これまで得た情報の中で、吉本興業がめちゃめちゃいい会社だとは言いませんが、会社が弱っているこの状態に便乗して、ごちゃごちゃ言い出す人って吉本興業だけでなく、どんな会社にもそういう人っていますよね。

その人に対して思うのは、さっさと会社辞めたらいいのにということです。

その会社は誰かに強制されて入ったものではないですよね、自分の意思で選んで入ったはずです。

辞めたければ勝手に辞めればいいし、批判したいなら辞めてから言ったらいい。会社の内部や体制を変えたいならば、外に発信せず内で片付けるような問題でではないでしょうか。

世論の声を味方につけることができるとわかっていて外側に向けて発信し、弱っているものを攻撃するのはちょっとどうなのかと思うのです。

 

私もこんな話をしたいわけじゃないですよ

私もこんな話をしたいわけじゃないですよ(宮迫さん風)

なぜこんな話をしたいわけではないと言いながらも、こうやって文章にしているか?それは、仕事をきっちりしていないのに要求ばかりしてくる、よくある愚痴愚痴社員と非常にダブって見えるからです。そして、そんな人とは合いません。

もし、「吉本興業を辞めたら仕事がなくなる」「何かしらの圧力で仕事を回してもらえなくなる」仮にそのような状態があるとすれば、そもそも実力がそれまでだったってこと。

圧力があるのかないのかは置いておいて、それでも、もしあったとしても最近ではテレビ以外にも活動する場はたくさんあります。YouTubeもそうだしネット配信の動画もたくさんあります。

実力があってファンが付くのであれば、活動する場所はどこであってもそんなに変わらないと思うのです。ただ、テレビの影響は大きいと思いますよ。でも、活動する場所はそれだけではないし、むしろテレビ以外のメディアの方が最近は影響力を増してきているのではないかとすらされている時代です。

吉本を辞めて仕事をもらえないのであれば、結局は吉本の看板を使わせてもらっているってことです。事業主でいうと、フランチャイズの加盟店として名前を使わせもらっているような状況と変わりません。

コンビニチェーン店の看板を借りなくても、仕入れのノウハウや売り方のノウハウ、運営のノウハウなどすべて自分でできるのならば、コンビニチェーン店のフランチャイズ加盟して加盟料を払う必要はないです。

自分で事業用地を探して、自分でお店をやっちゃえばいいのですから。

ただ、多くの人はそれができない。会社が持っているノウハウやネームバリューを利用するメリットというのが、非常に大きいというのを分かっているからです。

要は、売り出し方。この売り出し方のノウハウを知っているからこそ、看板を利用させてもらっているってことですね。

 

私にも数百円ください

今回の報酬クレクレ騒動とか会社辞める騒動とか、ほんとどうかと思います。

独立してフリーランスやってる人と条件は同じです。会社の看板で仕事をもらった人もたくさんいると思いますし、会社の看板で仕事をもらいたいと思っているからこそ、まだその会社にしがみついているのではないのでしょうか。

報酬が数百円なんて、もらえるだけいいじゃないですか。

客も呼べないような人なら、それだけでも貰えるだけありがたいし、報酬額が少ないのは当たり前だと思うけどな。

給料を支払う立場であれば、人によって分配率を変えることもアリだと思います。なぜなら、それは割合ではなく金額の問題だからです。

吉本興業と水商売が同じに考えるのはどうかと思いますが、夜の世界でもそうじゃないですか。人によっても給与が違うし、時給が違う、仕切りが違うのはよくあることです。

また、例えばですよ、noteをやっていて記事を有料販売してる人もいると思います。さらに、noteではクリエイターを応援する機能が付いていて、投げ銭をもらえるシステムになっています。

それをやってあなたはいくら稼げましたか?

100万円ですか?10万円ですか?
1万円ですか?それとも100円ですか?

このnoteで何記事何十記事と書いている人もいると思います。この世界で何万文字書いても評価されないなら「0円」です。どれだけ頑張っても0円なんですよ。

これだけ書いたら100円もらえる、なんてこともまったくないわけです。

でもそれを、私は自らで選んでいるし、あなたもそれを選んでいます。

この報酬に対する感覚の差って伝わりますか?

 

持ちつ持たれつの関係性

今私はnoteという媒体を利用させてもらっています。

利用させてもらっている中で、多くのお金を稼いでいる人もいるかと思います。その中で有料記事が売れたからといって、そのまま100%入ってくるわけではないですよね。手数料として運営にいくらか引かれます。

この割合がおかしい!もうちょっとよこせ!なんて思いますか?

もしおかしいと思うのならば、自分でドメインを取得してサーバーをレンタルして、自社のサイトに有料記事として設置して運営すれば良いだけの話。つまり、報酬で会社を辞めることと同じです。

ただ、このnoteを利用させてもらうことで、多くのユーザーにも出会えているし、面倒な決済周りのシステムを任せることで、余計なところに自分の手を煩わせることなく運営することができているわけです。

このnoteをやっていなかったら誰にも見られなかった記事やコンテンツというのもあると思いますよ。

私はその恩恵を受けているし、noteを通じて発信することのメリットというのも、しっかりと分かっているのでやめることありません。

吉本興業の会社の体制に対してあーだこーだある部分をこのnoteの運営に置き換えて考えていくと、noteに対してこんな機能が欲しいあんな機能をつけてほしいと要望を出しているような状態です。

より良くするために要望や提案を出していくというのは大切なことだと思います。(批判や文句だけで終わるのではなく、要望や提案もセットにするのが大事)

このnoteにも要望出す場所はあるし、定期的に機能を追加してくれることで、私たちは創作活動しやすくさせてもらっています。

ただ、その要望が全部通るかと言うと、そうではないですよね。当たり前です。

noteに限らず、楽天市場という場を使う人やAmazonという場を使う人、これらすべて持ちつ持たれつの関係性だと思います。

 

自らが選択する人生

闇営業がどうのこうのとか、吉本興業の社長の会見がどうのこうのとかよりも、それに便乗して辞める辞めないと言い出している、有名無名な人すべて辞めちゃえばいい。

誰?こんな人いたっけ?と思うような無名の、よくわからない人たちが今回の騒動に便乗して、批判ばっかりしているのを見ると胸糞悪くなります。

そういう人たちに思うこととしては、会社に利益を落とすこともできないのに要求ばかりする人のことは誰も止めないから早く辞めてください、ということです。

芸人をやるのであれば、吉本興業のネームバリューはめちゃめちゃ強いと思いますよ。

どこにも所属せずフリーでやっていたところで、誰の目にも触れることがなければ売れなかったという人も腐るほどいます。

圧倒的にテレビやメディアにも、芸人として露出できる可能性が高い事務所だと思うんだけどな。

そこに対して取り分が少ないとか、給料が少ないとか、本当意味が分かりません。

私の周りにもいますよ。芸人をやりながら全く芽が出ず飲食店のバイトを何年もやっている人。本職が飲食店ではないかと思うくらい働いていますが、本人はそれでも夢をつかみたいと頑張っています。(いい人だから頑張ってほしいと応援しています)

やりたいことや夢を叶えたいことに対して、お金の対価ばかりを求めるのって、どうなのかな。

働き方改革とかどうのこうの言われる世の中ですが、結局は自分会社や仕事を選ぶことができます。

自分の人生も、自分で選択して歩むことができます。

結局、今の自分があるのは、自分がそれを選択してきたからだと思うのです。

フリーランスや個人事業主をやっていても仕事があまりもらえず稼げない、それでも今の仕事を続けていきたいというのならば、他にバイトでもやって生計を立てていけばいい。

毎月きっちり安定した給料が欲しいのであれば、会社に就職してサラリーマンとして一生を遂げればいい。

給料的に夢のある仕事に就きたいというのなら、歯を食いしばってやり抜けばいい。

どれを選ぶも自分の人生、あなたの自由です。

今の置かれた状況を、まるで他の人に無理やり決められたかのような表現で批判するのはどうかと思うのです。吉本興業という芸能界の世界もそうですし、フリーランスや起業家の世界もそうですが、環境はどうであれ、チャンスを掴むのは自分自身だと思うのです。

自分の夢を掴むためにやりたいことを自ら選んでやってるんだから文句言わずにやろうよ。

 

あとがき

YouTuberという仕事をまとめているYouTuber事務所(実在するかどうかは知りません)があって、再生回数が1桁なのにも関わらず、「報酬が10円しか事務所から出ないならやっていけねーよ」と不満をぶちまけて、それを世間が後押しするような時代が来るかもしれませんね。怖い。

アフィリエイトをやっていて●●文字書いてるんだから、ある程度生計を立てられるくらいの報酬くれとか?そんな感覚?それでくれる人がいるならどれだけ嬉しいか。笑

まだまだ事態が収まることはなさそうですね。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


*メールアドレス
お名前(姓)

  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

Copyright© インターネットビジネスの世界【UNITE】 , 2019 All Rights Reserved.