無料ブログサービスはどれを選ぶと良いか

a0790_000344_m_mini

今月の読者プレゼントは来週あたりを予定しています。
いま、準備中ですので楽しみにしておいてください^^

本日は、4月1日。エイプリルフールということですが、
特におもしろい嘘もなく終わりそうです。

改めて、本年度もよろしくお願いします。

 

では、先月から取り組んでいる
無料ブログの経過についてお話しします。

これまでは無料ブログの検索上位表示には、
seesaaブログが良いのではと思っていましたが、
おもしろいことになってきています。

いま、アクセスが増えてきているのは、
FC2ブログライブドアブログです。

ココログとアメブロはまだですね。

もう少し記事を増やして時間が経過すれば、
アメブロseesaaブログが伸びてくると思います。

会社のブログとしてなど、
ある程度オフィシャル的に展開するのであれば
アメブロかライブドアブログがオススメです。

今ならアメブロの方が良いでしょうね。

 

ただ、アメブロの場合、業種によっては、
規制によって全く記事が表示されない場合もあります。

私の場合、不動産投資をテーマに書いていくと、
弾かれることがあるのです。

「この投稿は表示できません・・・」的な、
表示が続くという悲しい事態になります。

各社無料ブログサービスは、その用途に応じて
使い分ける方が賢明だと言えます。

新規取得して、これまでの経過で見ると、
・アメブロ
・ライブドアブログ
・seesaaブログ
・ライブドアブログ
・はてなブログ

今の段階で判断すると、このあたりがオススメです。

ウェブ関係の仕事をしている場合や
専門的な情報発信ができるときには、
はてなブログが良いかと思われます。

 

まとめます。

オフィシャルなら、アメブロかライブドアブログ。
アフィリリンクを含みたいなら、
seesaaブログ・ライブドアブログ・FC2ブログ。

良質なユーザー、圧倒的なアクセスを集めるなら、
アメブロで展開してアクセスを流す。

検索ですぐ表示されるようにするなら、
ライブドアブログかFC2ブログ。

中長期的な検索を考えているなら、
上記に加えてseesaaブログ。

求めるビジネス戦略に合うように、
無料ブログサービスを選ぶと良いと思います。

 

今後の検索表示やアクセスの動向も
リアルタイムで報告していきますので、
無料ブログを選ぶ際の参考になればと思います。

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 営業日誌

    新車を買ってお金に変えた話

    昨年、新車を購入しまして、、、 というか、誕生日プレゼントとし…

  2. サイト構築

    サイトのデザイン構成は2カラム?3カラム?

    サイトを2カラムで展開するか、3カラムにして情報を多く…

  3. 考え方・マインド

    タイトルの付け方だけで、今まで以上に収益を上げるコツ

    メルマガとブログのタイトルには異なったものを付けた方が効果的です。…

  4. 営業日誌

    タイピングスピードを上げると記事作成もラクになる?!

    数々の高額塾や教材、ノウハウが出回る中で”さすがにこの人には勝てな…

  5. サイト構築

    ドメインのペナルティを調べる方法

    ドメインを取得するときには対象ドメインをしっかり調査し…

  6. サイト構築

    収益サイトは完全ほったらかしでもお金を生み続けてくれる資産サイトとなるのか?

    サイトを運営して収益を得ることを目的としている人がいます。ボランテ…

ピックアップ情報

おすすめ記事

  1. 指標
  2. 大阪

新着情報

  1. もしあなたが自社商品がない、自社サービスを創り出せないと困っ…
  2. 収益サイトは完全ほったらかしでもお金を生み続けてくれる資産サ…
  3. 街のカフェでパソコンを持ち込んで仕事するってどうなんだろう
  4. ビジネスで成功する人に共通している5つの特徴とは
  5. 深夜バスは新幹線より快適になったかもしれない

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. マーケティング

    あなたから簡単に商品を買ってもらう方法
  2. めんどくさい

    マーケティング

    レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけないこと
  3. 大阪

    気ままなブログ

    ビジネスの活動拠点を大阪へ移動!思い立ってから約一ヶ月で全ての移動を完了できまし…
  4. マーケティング

    「この好条件の物件を逃したら手に入りません」だけじゃ売れない。
  5. 考え方・マインド

    「なぜ、あなたはそれを買ったのか?」
PAGE TOP