サイト構築

サイトのテーマを細分化して周りから固めていく方法

a0002_003654_m_mini

一つのメインサイトを育てていくには、

メインサイトだけの更新も重要ですが、

細分化して周りから固める方法もあります。

 

サイトを分散化することで得られるメリットがあります。

アフィリエイトを行っていたとしても、

ネットショップのサイト運営していたとしても有効です。

 

例えば、海外旅行などのグッズを扱っているサイト、

もしくは海外旅行を紹介しているサイトとします。

 

ここでサイトを細分化することを考えていきます。

 

シドニーの観光地をまとめたサイト。

ケアンズの観光情報やスポットをまとめたサイト。

メルボルンの観光情報。

 

地区だけじゃなく、

エアーズロック、グレートバリアリーフでも良いですね。

 

それに関してのブログやサイトを立ち上げて、

導きたいメインのサイトに誘導していく。

 

サイトを細分化してテーマを絞っていくと、

訪問者から見ても「何のサイトか?」がわかりやすくなります。

また、具体的なタイトルにすることで、

検索エンジンからも好かれやすくなります。

 

仮に「海外旅行サイト」だとして、

年末年始の海外旅行うんぬん・・といった記事も重要ですが、

「海外旅行」で検索エンジンの上位表示は厳しいです。

 

上記はすべてオーストラリアに関してですが、

別に海外旅行サイトであれば、韓国でもフランスでも

細分化するところはどこでも良いわけです。

可能な限り専門的なテーマに細分化するほうが明確です。

 

メインサイトだけでアクセスを集めても良いのですが、

オーストラリアのシドニーの観光に興味がある人なら、

サイト訪問してくれたときの成約率も高まります。

 

「具体的なテーマで細分化し、アクセスを集結させていく」

ということです^^

 

違う例で出すと、私の家の近くに学習塾があるのですが、

学習塾のホームページで生徒募集をしています。

じゃ、速読に関するテーマや九九の覚え方、

3歳までの教育が及ぼす影響のテーマとか。

 

ターゲットが母親ならもっと広がりますよね。

育児、母乳、産後、このあたりのテーマでも

学習塾への誘導は可能になるのではないかと思います。

お金を払うのは、結局のところ保護者なんですから^^;

「学習塾」サイトだけの検索流入はキツイということです。

 

ただし、一つ注意することがあります。

あなた自身が管理できるキャパを超えた数はダメということです。

 

どういうことかというと、

サイトを細分化してテーマが具体的になればなるほど、

色々なところからアクセスを集められるわけですが、

継続的に管理できない数にしてしまうと、

更新もできずにサイトを放置してしまうことになります。

 

なので、自分1人で行うなら10サイトくらいを目標に、

3~5サイトくらいから始めた方が良いでしょう。

 

完全ボランティアでサイトを運営している以外は、

どこかにキャッシュポイントはあるでしょうから、

タイミングを見て外注化していくことで拡大できます。

 

メインのサイトに対しての細分化ですので、

書くテーマにもそんなに困らないと思います^^

 

PS.

はじめから10サイト以上の管理は
相当キツイので要注意です・・・^^;

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 営業日誌

    タイピングスピードを上げると記事作成もラクになる?!

    数々の高額塾や教材、ノウハウが出回る中で”さすがにこの人には勝てな…

  2. 営業日誌

    無料サービスを利用する際のリスク回避とは

    無料サービスには「ある日突然消滅」のリスクがあります。…

  3. サイト構築

    「量」から入って「質」を追求していき、ユーザーの求めていることを理解する

    先日(20日※米国時間)、グーグル先生がパンダアップデートとペイデ…

  4. 営業日誌

    新車を買ってお金に変えた話

    昨年、新車を購入しまして、、、 というか、誕生日プレゼントとし…

  5. サイト構築

    TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

    当サイトはワードプレスにてサイト構築しています。開設当初からTCDテー…

  6. サイト構築

    収益までの一部をマニュアル化するということ。

    収益までの道のりをマニュアル化することは、稼ぐ仕組みを作ること…

ピックアップ情報

おすすめ記事

新着情報

  1. エバーノートにアクセスできない サーバー障害発生か?
  2. 会社員が本業とインターネットビジネスを両立させたいときに気を…
  3. 【悲報】チャットワークのグループチャット数に厳しい利用制限
  4. 突き上げるような揺れを感じてからじゃもう遅い
  5. noteの位置づけはどこにおく?ブログ?アクセス数を公開

 

スポンサーリンク




LINEはこちら

マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 営業日誌

    新車を買ってお金に変えた話
  2. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
  3. コミュニケーション

    ビジネス業界で成功する「交渉力」について
  4. サイト構築

    ウェブやメルマガはiPhoneから見たレイアウトを優先した方が良い?
  5. 成長

    プルルルルル~、もしもし?
PAGE TOP