サイト構築

一つのドメインで大量のサイトを作っていました。

a0001_003696_m_mini

3月はビジネスの見直しをするいい時期なのですが、自分のことを見つめ直してみるとビジネス初期段階には相当ひどい状態だったということに気づきました。

まず、目についたのがドメイン。

はじめのころは、複数のドメインをとることすらもったいないと思うアホな時期もあって、一つのドメインを使いまわしていました。

サブディレクトリ(例:example.com/●●)や、
サブドメイン(例:●●.example.com)の量産です。

ジャンルとかお構いなしでした(苦笑)。

 

今思うと、かなり危険な方法なのに、ガンガン量産してサイトを作っていました。
無知というのは怖いものです・・・。

というか、年間1000円程度の1ドメインで、どれだけ搾取しようとしていたんだと、小さかった自分を嘆きたくなります^^;

作るサイトのジャンルはバラバラで、トップドメインに各ジャンルにリンクできるようサイトナビを作っていたのですが、色々なものを扱っているサイトなんて、何がウリなのかもわからず、怪しいですよね。

ただ、その頃の方ががむしゃらに記事を作って、ボリュームだけはあったのではないかと思います。ムダに運営期間が長いことと、ムダに記事数が多いので(笑)、ある程度の収益が出ているジャンルもあります。

※当然、手入れをした後に収益が出ています。
そのままの状態だと、たぶん無理でした。

 

そうなると、消せない(捨てられない)わけです。
いつか処理しないといけないのですが、甘えによって放置してしまっている状態です。

今となっては、サイトを作る前に、しっかりと戦略を立てて構築して・・・なんて情報を発信していますが、初期段階でひどいものだったことは否めない事実です。

逆にそういう時があるからこそ、

「収益サイトがどうやったら作れるか」
「どのように訪問ユーザーに見せていくか」

というのが実体験として学べたのだと思います。

 

あと、「競合に巻き込まれないよう、公開サイトとのリンクをどこまで切るか」というのも意外と効果的です。稼いでいる結果を公開する人は多くても、現役で収益を上げている実際のサイトやPPC出稿ワードはなかなか公開しないものです。

物販系やバリューコマースなどの大手ASPのアフィリプログラムなら、商品選定と訪問ユーザーの呼び方が重要なわけです。 あまり気にしていない人で、リンクをアフィリ活動サイトに繋げている人は、サクッとやられてしまいますので注意です。

名前も出さず、ブランディングもせず、淡々とサイトを作る方がオススメです。
リンクをつなげないだけじゃなく、運営サーバーも別にする方が良いですね^^

もし、サイトアフィリエイトに興味があれば、ぜひどうぞ。
⇒ http://itwo.biz/me/safum

 

結論、1ドメイン1サイトがオススメ

サブディレクトリやサブドメインでサイトを増やして作成する際は、関連するジャンルのサイトを構築しましょう。

 

関連記事

  1. サイト構築

    マーケティングがうまくいかない場合は?

    マーケティングを行っていくときに、思うような結果が得られない場…

  2. サイト構築

    収益までの一部をマニュアル化するということ。

    収益までの道のりをマニュアル化することは、稼ぐ仕組みを作ること…

  3. サイト構築

    タイトルの付け方だけで、今まで以上に収益を上げるコツ

    メルマガとブログのタイトルには異なったものを付けた方が効果的で…

  4. サイト構築

    仕事をしすぎて過労死しないための提案です。

    インターネットを使ったビジネスがうまくいかない。考えていた…

  5. サイト構築

    LPを活用して収益サイトを加速させる方法

    年末に購入したLP作成ツールが大活躍しています。本日はランディ…

  6. サイト構築

    ナウでヤングからの卒業。

    ナウでヤングなレンタルサーバーから、ワードプレスサイト…


メルマガ

新着情報

  1. LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのよう…
  2. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  3. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  4. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  5. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. マーケティング

    誘導率を上げる表現、魅せ方のコツとは?
  2. 営業日誌

    アフィリエイターも例外ではない確定申告
  3. リアルビジネス

    その市場はきちんと見極めることができていますか?
  4. 営業日誌

    不得意な分野は極力避ける
  5. 不動産経営

    回収効率の良い投資は?
PAGE TOP