ウェブやメルマガはiPhoneから見たレイアウトを優先した方が良い?

スマホ閲覧

iPhone6を購入したのですが、
早速パスコードをど忘れしました^^;

はじめは15分おきにロックがかかっていて
今は1時間に1回しかチャレンジできません。

仕方がなくコツコツと解き明かしています。
なので、今は着信しか受けられません。

ガラケーから新型ガラケーへ。
スマホからiPhone6へ。
今回は2台同時の機種変更です。

 

さて、しばらくの間スマホは
アンドロイドを使っていたのですが、
iPhoneに変更して気付いたことが・・。

それは同じスマホ対応サイトでも、
アンドロイドとiPhoneでは見た目が
違うということです。

サイトだけでなく、
メールのレイアウトも異なります。

これまでメルマガはモバイルアドレスより、
PCアドレスを優先に考えていました。

 

更にいうと、PCアドレスの中でも、
GmailやYahooメールのユーザーです。

パソコンで閲覧するユーザー以上に
スマホで見るユーザーも多いのでは?と、
スマホでのレイアウトを意識していました。

それがiPhoneに変えてからビックリ。

同じGmailでもアンドロイドスマホと
iPhoneからだと全く異なります・・。

 

例えば、こういうライン↓

━━━━━━━━━

アンドロイドで1行ピッタリの計算が
iPhoneだと完全にオーバーしてたのです。

iPhoneユーザーの方が増えているので、
これは無視できないですね。

ちなみに、iPhoneでの
Gmail表示は1行23文字でした。

アンドロイドGmailは、
1行表示が29文字です。

 

同じGmailでアンドロイドとiPhoneが違うのは
ちょっと衝撃を受けました。

レイアウトについて再度見直します^^;

 

レスポンシブ対応のサイトも
iPhoneを中心に考えられています。

iPhoneでは問題無く表示されても
アンドロイドは崩れている場合もあるので、
気を付けた方がいいですね。

 

実は、サイトをスマホからの閲覧したとき、
改行を多く入れても全体が見えるように
スマホのみの表示をカスタマイズしています。

スマホからのときは、
ちょっと文字を小さく表示しています。
→ http://itwo.biz/

 

こちらはレスポンシブ対応デザインを
強制的に無視するように表示しています。
(全体を見てもらうため)
→ https://itwn.jp/mag/

 

PCとスマホ、どちらのユーザーを
優先して設計するのかというのは
サイトを解析して決めるのがオススメです。

 

ご参考までに。

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 営業日誌

    無料サービスを利用する際のリスク回避とは

    無料サービスには「ある日突然消滅」のリスクがあります。…

  2. サイト構築

    無料ブログサービスはどれを選ぶと良いか

    今月の読者プレゼントは来週あたりを予定しています。いま、準備中です…

  3. サイト構築

    更新型ブログ?それともサイト型ホームページ?

    グーグル先生が評価するウェブサイトとして、有益なコンテンツを増やし…

  4. 考え方・マインド

    LPを活用して収益サイトを加速させる方法

    年末に購入したLP作成ツールが大活躍しています。本日はランディ…

  5. サイト構築

    「量」から入って「質」を追求していき、ユーザーの求めていることを理解する

    先日(20日※米国時間)、グーグル先生がパンダアップデートとペイデ…

  6. 考え方・マインド

    広告媒体は何を目的として選ぶか?が重要

    広告媒体には、様々な種類が存在します。年齢層・男女比な…

ピックアップ情報

おすすめ記事

  1. 指標

新着情報

  1. もしあなたが自社商品がない、自社サービスを創り出せないと困っ…
  2. 収益サイトは完全ほったらかしでもお金を生み続けてくれる資産サ…
  3. 街のカフェでパソコンを持ち込んで仕事するってどうなんだろう
  4. ビジネスで成功する人に共通している5つの特徴とは
  5. 深夜バスは新幹線より快適になったかもしれない

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. サイト構築

    更新型ブログ?それともサイト型ホームページ?
  2. 考え方・マインド

    交渉や商談で圧倒的に有利な立場に立てる方法とは?
  3. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
  4. 考え方・マインド

    不義理にするということ
  5. マーケティング

    あなたから簡単に商品を買ってもらう方法
PAGE TOP