Vineを使いこなす※2017年1月17日サービス終了

現在進行形でいろいろと試しているサービスがあります。
その中でもお気に入りなのがVineです。

※2017年1月17日をもって、Vineのサービスが終了しました。

 

アフィリエイターではないライターを本業としているトップブロガーさんや、
一部上場企業などの大手企業も取り入れています。

百聞は一見にしかず、こちらをご覧ください。

このように、ブログ記事の中に利用している人も良く見かけます。

森永製菓さんも公開していましたね。森永製菓さんの公式サイトでは他にも公開されています。
http://www.morinaga.co.jp/vine/

 

このVineは国内で女子高生を中心に爆発的な人気を誇っているアプリで、関連のアプリも続々登場しています。

こういうサービスは勢いがありますね^^

6秒間でのムービーというところがミソですが、同じようなサービスは他にもあります。LINEの中にあるSnapShotという機能もそうですね。同じような使い方ができます。

 

で、このVineの何に興味がわいて参入しているかというと、ずばり新興のSNSとしてです。

このVineを提供しているのは、米Twitterの運営会社です。
連携もスムーズで、Twitterにも投稿する機能が簡単ということ。

もしこれまでにツイッターを活用したネットビジネスにうまくいかなかった人も、眠っているツイッターアカウントを呼び起こして利用することもできます。

ツイッターにあったリツイート機能、フェイスブックにあったイイネ機能と同じような機能がVine単体でもあります。

ツイッターと連動させると、とんでもない広がり方をしてしまうのです。
これ、かなり半端ないです。

 

これもしばらくすれば業者がどんどん参入して、制限がかかったりスパム馬鹿が増えるのでしょうね。

海外でも相当人気で、海外投稿されたものは結構クオリティが高くておもしろいです。

日本ではすでに有名になっている女子高生がいて、大関澪花(Reika Oozeki)さんという方なのですが、非常によく作りこまれています。
⇒ https://twitter.com/xtxx_mhz
(※アカウントが無くなったようです)

フォロワーを見ると、それだけファンが多いことがわかります。
外人アカウントや休眠アカウントを大量購入したものじゃなく、完全に本物です。

年齢が若い人からでも学ぶことはたくさんありますし、変な先入観をもたずに新しい文化に柔軟に対応できることも大事です。

 

まだまだこのサービスは国内だと10代を中心に認知されているサービスですが、爆発するサービスは「女子高生→企業やマスコミ→20代30代・・」という流れの傾向があります。
企業で働く私の友人が、会社の経営陣も注目しているサービスだと言っていました。

こういうサービスって、「くだらない」という表現もできますが、くだらないことの中に、面白いということが多くあるものだと思います。

現時点では、LINEよりビジネスにも向いていると思います。
おもしろムービーだけで人を惹きつけられますからね。

参考までに。

 

※2017年1月17日をもって、Vineのサービスが終了しました。

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. SNS

    ポジティブ投稿に徹して、いい子ちゃんを演じる

    TSUやFacebookでは少し毒づいた投稿に対して あまり好…

  2. コミュニケーション

    LINE@のビジネスに参入すべきか?

    いま、市場を賑わせているサービスの ひとつに「LINE@」があ…

  3. マーケティング

    YouTubeに投稿しても思ったほど反応がないと嘆くあなたへ

    知識を入れるために、時間を作って本を読んでます。いつでも手に入…

  4. SNS

    コミュニティの形成という戦略

    小さな村を形成するコミュニティ方式が2014年のキーワードにな…

  5. SNS

    この時期に活発化する媒体とは

    鬼のように忙しかった3月がもうすぐ終わります。4月からはやりた…

  6. SNS

    ツイッターとはてブを連携させて安定したアクセスを獲得する

    ツイッター媒体は、今でも安定した アクセス流入を獲得できていま…

ピックアップ情報

おすすめ記事

  1. 大阪

新着情報

  1. ビジネスの活動拠点を大阪へ移動!思い立ってから約一ヶ月で全て…
  2. ユーザーからの反応を得られるようにするにはどうしたらよいか?…
  3. アクセスが急下降したサイトを私がすぐに見切った2つの理由
  4. 東京の目黒川に咲く桜のお花見に行ってきました【2018年】
  5. レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけない…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 成長

    プルルルルル~、もしもし?
  2. コミュニケーション

    ビジネスに使っている便利なサービス
  3. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
  4. 成長

    本気で売れるようになりたいならコレを極めるべし
  5. サイト構築

    TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想
PAGE TOP