SNS

YouTubeに投稿しても思ったほど反応がないと嘆くあなたへ

勉強

知識を入れるために、時間を作って本を読んでます。

いつでも手に入るような本なら良いのですが、
先日、私が愛読していた本が絶版になりました。

YESを引き出す7つのトリガー

 

こういうビジネス関連書は、
中途半端なアフィリエイターが売上げ目的で
せっせとまとめた情報商材とは違って、
何十倍もの価値がある内容だと思います。

日本はモノづくりの分野だとトップクラスですが
ビジネスの分野では海外に追いついていません。

ビジネスの分野では海外の最先端手法を
取り入れた方が良いケースが多いのです。

そのため、翻訳された洋書は
積極的に読むことを心がけています。

 

そんな中、
2015年は動画が主流媒体となると言われ、
その動きに注目している人も多いです。

動画関連のマーケティング手法は
早いうちに知識とスキルを身に付けておいて
損をすることはないと言えます。

もしあなたがYouTubeで、

  • 新規顧客を獲得して売上アップに繋げたい
  • チャンネル登録者のたくさんいる自社メディアを構築したい
  • 個人や会社をブランディングしたい
  • 新しい広告媒体として関心がある

と考えているなら、、、
必読書とも呼べる本があります。
コチラです。

 

2011年、米Googleが発表した情報によると、
過去1年間の動画再生回数が1兆回を超えた
巨大人気動画共有サイトのYouTube。

世の中には寝ても覚めてもYouTubeを見ている
YouTube中毒の人までいます。

さらに、米シスコが2014年に発表した
VNIレポートによると、

スマートフォンやタブレット端末の普及に加え
ネット回線の高速化で、ビデオを見る人が増加し、
2018年にはほぼ8割の通信がビデオの閲覧になる、

と予測するなど将来性も十分です。

 

どうやらYouTubeはすごそうだ、と
あなたはきっと新しい集客の手段として
YouTubeを試してみたくなったと思います。

もしくは、
すでに取り組んでいるかもしれません。

ところがです。

試しに頑張って動画を作って
YouTubeに投稿しても
思ったほど反応がないことが分かります。

 

それどころか、動画を見てくれるのは
既存のお客さんのうちの一部の人だけ。

それでも何事も継続が大事と
成果のないまま何カ月も頑張っている。

・・という状況の人もたくさんいます。

なぜ、こんなことになってしまうのでしょう?

その答えがコチラにあります。

 

現在のビジネス業界の流れを見ているなら
動画を完全無視している人はいないと思います。

すでに手にして読んでいる人がほとんどでしょうが、
絶版になると二度と見ることができなくなるので
今一度、確認してみてください^^

 

関連記事

  1. SNS

    2013年にYouTuberとして4億円の収入を得た有名人

    動画の盛り上がりのきっかけは2011年から始まったYouT…

  2. SNS

    無料サービスを利用する際のリスク回避とは

    無料サービスには「ある日突然消滅」のリスクがあります。…

  3. マーケティング

    目の粗いザルに気付くこと

    紹介プログラムを利用して収益を上げるということについて、物…

  4. マーケティング

    1ヶ月に100人のお客さんを呼ぶ方法

    こんな問答があります。「どうしたら1ヶ月に100人のお客さんを呼べ…

  5. マーケティング

    スマホとパソコン利用比率の統計

    日頃は東京で生活しているために、それ以外の生活動向において不透明なとこ…

  6. マーケティング

    誘導率を上げる表現、魅せ方のコツとは?

    今回は魅せ方についてちょっとお話しします。誘導率を上げる表現の…


メルマガ

新着情報

  1. LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのよう…
  2. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  3. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  4. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  5. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. マーケティング

    1ヶ月に100人のお客さんを呼ぶ方法
  2. サイト構築

    物事は内側と外側の両面を見た方が良い
  3. 考え方・マインド

    取り組むビジネスに悩んだら・・・
  4. メルマガ構築

    顧客リストの重要さは昔から言われていた。
  5. 営業日誌

    仕事に対しては夢中になって、周りが見えなくなるくらい熱中するくらいがおもしろい
PAGE TOP