不動産経営とネットビジネスを融合した新しい世界-ユナイト|メルマガバックナンバー

LINE@のビジネスに参入すべきか?

Lineアット

いま、市場を賑わせているサービスの
ひとつに「LINE@」があります。

2月13日に「LINE@」に新規リリースされてから
多くの業界がこのサービスに注目しています。

当然、ネットビジネス業界でも
アカウントを取得している人を見かけます。

これまでは実店舗を持つユーザーしか
アカウントが開設できなかったのですが、
店舗を持たない個人事業主もOKになりました。

私自身、実は新規リリース当初から
アカウントを取得しているのですが、、、
あまり利用していません。

自社サービスや自社商品がある人は、
どんどん積極的に使って良いと思います。

あと、個人ならブランディングを
目的としている人には合うと思います。

 

ただ、このLINE@では
アフィリエイトリンクは禁止ですので、
効果的な使い道を見出せずに
立ち往生している人も多いようですね。

さらには、利用料金に関しても
一定の配信数を超えると有料になります。

ある程度の資金力がないという人は、
メッセージ配信すらできない状況です。

=======

※参考1※ LINE@有料プランの場合

月額料金:5400円
月間メッセ配信数:月50000通まで
超過配信数:1通あたり1.08円

※参考2※ LINE@無料プランの場合

月額料金:0円
月間メッセ配信数:月1000通まで

=======

無料プランで月間に送れる配信数が1000通
というのは事業として考えると厳しいですね。

週一配信で月間4回の配信としても、
友だちが250人を超えるとアウトです。

 

やみくもに友だちの数を増やすのではなく、
戦略を持って取り組まないと、
経費のダダ漏れになる可能性が高いので、

何も考えずに導入しようとしている人は
気を付けたほうが良さそうです。

 

LINE@は、当然無視できるような
市場ではないことは確かです。

常に動向をチェックする必要がありますね。

 


■この記事はまぐまぐ版メルマガからの一部抜粋です
つづきを読む場合は、下記フォームより購読してください。



 メールアドレス 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

マガジン購読

当サイトはまぐまぐメルマガのバックナンバーとして、一部の内容を公開しているものです。

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 メールアドレス 

 お名前(名字) 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

クリックで救える命がある。
QLOOKアクセス解析