SNS

LINE@のビジネスに参入すべきか?

Lineアット

いま、市場を賑わせているサービスの
ひとつに「LINE@」があります。

2月13日に「LINE@」に新規リリースされてから
多くの業界がこのサービスに注目しています。

当然、ネットビジネス業界でも
アカウントを取得している人を見かけます。

これまでは実店舗を持つユーザーしか
アカウントが開設できなかったのですが、
店舗を持たない個人事業主もOKになりました。

私自身、実は新規リリース当初から
アカウントを取得しているのですが、、、
あまり利用していません。

自社サービスや自社商品がある人は、
どんどん積極的に使って良いと思います。

あと、個人ならブランディングを
目的としている人には合うと思います。

 

ただ、このLINE@では
アフィリエイトリンクは禁止ですので、
効果的な使い道を見出せずに
立ち往生している人も多いようですね。

さらには、利用料金に関しても
一定の配信数を超えると有料になります。

ある程度の資金力がないという人は、
メッセージ配信すらできない状況です。

=======

※参考1※ LINE@有料プランの場合

月額料金:5400円
月間メッセ配信数:月50000通まで
超過配信数:1通あたり1.08円

※参考2※ LINE@無料プランの場合

月額料金:0円
月間メッセ配信数:月1000通まで

=======

無料プランで月間に送れる配信数が1000通
というのは事業として考えると厳しいですね。

週一配信で月間4回の配信としても、
友だちが250人を超えるとアウトです。

 

やみくもに友だちの数を増やすのではなく、
戦略を持って取り組まないと、
経費のダダ漏れになる可能性が高いので、

何も考えずに導入しようとしている人は
気を付けたほうが良さそうです。

 

LINE@は、当然無視できるような
市場ではないことは確かです。

常に動向をチェックする必要がありますね。

 

関連記事

  1. SNS

    ツイッターとはてブを連携させて安定したアクセスを獲得する

    ツイッター媒体は、今でも安定したアクセス流入を獲得できてい…

  2. コミュニケーション

    ビジネスに使っている便利なサービス

    ビジネスで利用していて、非常に便利なサービスの中から一部を…

  3. コミュニケーション

    ビジネス業界で成功する「交渉力」について

    さて、今日はビジネス業界で成功するための秘訣を一つお伝えし…

  4. SNS

    ポジティブ投稿に徹して、いい子ちゃんを演じる

    TSUやFacebookでは少し毒づいた投稿に対してあまり…

  5. SNS

    コミュニティの形成という戦略

    小さな村を形成するコミュニティ方式が2014年のキーワードにな…

  6. SNS

    動画をパクってコピー投稿しているバカ

    最近のネット収入の主流といえば、YouTubeを活用するの…


メルマガ

新着情報

  1. LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのよう…
  2. まぐまぐ再開のお知らせと今でもまぐまぐを利用している理由につ…
  3. まぐまぐで休刊になっていて復刊したら有料サービスが解約されて…
  4. Instagramで話題のアプリ Sarahah(サラハ)で…
  5. 話題の匿名質問アプリ Sarahah でエラー invali…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. サイト構築

    ドメイン更新時期が来たとき、どうするか?
  2. 営業日誌

    2015年 新年あけましておめでとうございます
  3. SNS

    2013年にYouTuberとして4億円の収入を得た有名人
  4. 考え方・マインド

    成果が出せない・仕事ができない人の特徴
  5. SNS

    動画をパクってコピー投稿しているバカ
PAGE TOP