ソフト

note

noteではなるべく言葉表現を柔らかくしたほうがいい

現在、noteの方でプチ企画を開催しています。

それに伴ってあとがきを書いているのですが公開した後に修正を加えることも多いです。削除することもあります。

理由としては、どうしてもnoteユーザーに合わせた内容にリライトする必要があります。そのままの言葉ではきつく感じてしまう人やグサッと深くまで突き刺さる人も多いからです。

それだけnoteの場合はビジネスに揉まれていない優しい人が多いわけですが、普段私が発信しているような表現をそのまま公開するのはどうかなと感じる時もあるのです。

インターネットのビジネスをある程度続けている人ならこの業界の厳しさや辛さなども理解してもらえますが、周りの人が全てそのような人ではありません。

特にnoteの場合は普通の人も多いので、その中できつめの話題をぶっこむのには刺激が強すぎるケースもあります。

掲載する媒体によって温度感を変えていかなければいけないので、このあたりの微調整は難しいところですが、この温度感を無視していると「ヤバイやつ」と思われてしまうこともあるので気をつけたいところです。

メルマガとは違って誰もが気軽に目にすることができる場所に掲載する時は、このあたりの温度感を常に意識して仕上げていかなきゃなと改めて思った次第です。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】