エイプリルフール

コミュニケーション

エイプリルフールでオヤジギャクレベルの嘘に対するリアクションが苦手

私はエイプリルフールが苦手なタイプです。

イベント事が苦手なわけではないのですが、なんだろう毎年4月1日になるとインターネット上に溢れる嘘や冗談。これに対して反応するのが苦手なんですよね。

「あー、うまく騙されちゃった」
「なんだ、本当かと思っちゃった」

みたいなやつ。

あ、これフリじゃないですからね。笑

「エイプリルフールが苦手だという自体が嘘」ってことじゃないですよ。もうすでに書いていてどっちが本当か嘘かわからなくなりそうですが、まあ苦手なタイプです。

おべっかというか気の利いた返しというか。嘘だとわかっていて乗ってあげないといけない空気見ないなのありますよね。もしかしたら、会社の上司などに対してもそのような空気があるのかもしれません。

さらに、最近では自分の会社の代表や上司などがSNSで発信していることってあると思うんですよ。

で、おそらく「くっそつまんない嘘」をつく。

同じ会社の部下が(SNSなどで)絡んで、
「あー、うまく騙されちゃった」
「なんだ、本当かと思っちゃった」
って茶番劇が苦手すぎて。そう、裸の王様的なやつ。

このおべっかがうまければ、私も会社勤めして今ごろは取締役まで出世してますよ。でも、好きじゃない(得意でもない)から、会社勤めは合わないのかなーと。だからといって上下関係や人間関係が嫌でサラリーマンをしていないわけではなく、会社勤めをやめたきっかけは経済的なものが大きいですけどね。

どちらにせよ、そのままやっていても続いていないだろうなと思います。

そんな社会の構図が一気に集中するこの日(4月1日エイプリルフール)は、ネット上やSNSも各方面でヨイショ祭りが行われます。

自社の会社の代表に対してだけじゃないでしょうけどね。プチインフルエンサー的な「お近づきになりたい人」に対しても同様のヨイショが垣間見れます。

こんなことを述べている一方で、

もしこれらのヨイショが苦痛でない人ならば、積極的にヨイショした方がいいと私は思います。同じおっさんだからわかるのですが、おっさんはくっそつまんないオヤジギャクに対して反応してくれるのが嬉しくものです。

だから、ヨイショすること自体やする人自体を否定することはなくて、むしろできるならやったほうがいいし得をすることも多いです。ただ、私が苦手なだけ。

そのため、プチインフルエンサー的な「お近づきになりたい人」や狙いをつけている人がいるのなら、茶番だとわかっていてもあえて乗っかかってみるのもいいでしょうね。

ちなみに、企業単位でやっているエイプリルフールネタは好きです。
大の大人が一生懸命面白いネタを考えているものなので、見ていて楽しいのが多い。

好きなブランドならなおさらですね。

「えっ、この人(企業)が?」
という、期待の裏切りだからおもしろいのであって、おっさんのオヤジギャクレベルのエイプリルフールネタに対する絡みが苦手なだけです。

さあ、今年はどんなネタがネット上に飛び交うのか。楽しみです。
それでは。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】