再起

考え方・マインド

成功するにせよ失敗するにせよ早いほうが良い

何もインターネットビジネスに限らずですが、チャレンジして100%必ずうまくいくことなんてないんですよね。

だから、成功するにせよ失敗するにせよ今すぐに手数を多く出して挑戦するといいです。早く取り組めば失敗したとしても立ち直りの期間がそれだけあります。若いうちにいろいろチャレンジしようと言われるのは、失敗しても取り戻せる時間があるからです。

何かやりたいことや叶えたい夢があるならなおさら。今私たちが生きているこの時代は、いつ何が起きて死んでしまうようなことがあってもおかしくないです。日本に住んでいる限り、失敗しまくったとしてもなんとかなるものですよ。

仮にうまくいったとしても、もしかしたら継続できずに撤退を決断しなければいけない可能性もあります。そこで再挑戦するためにも早いほうがいいわけですから。

人生で今日が一番若い日、これを念頭に活動していきましょう。

それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
メール配信システム
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2022 インターネットビジネスの世界【UNITE】