学び

考え方・マインド

目先のキラキラに目を奪われて本質を見失ってはいけないし昔のやり方にこだわりすぎて時流に乗れないのも良くない

一年前二年前までは有効だった手法も今ではほとんど効果がなくなっていたり通用しなかったりします。

本質の部分は時間の経過によって大きく変化することはあまりないのですが、細かいテクニックや旬なもの、時流に乗れるかどうかは現役プレイヤーから得るのが効果的です。

例えば、インターネットビジネスで「SEOで稼いでのし上がった」「アフィリエイトで稼いでのし上がった」なんて人がいたとして、その人が有名になっている今の情報は微妙なことも多いのです。そのため、その人が現役なのかどうかは参考にする上で非常に重要な項目です。

SEOで・・・と言いながらも、あなたが見ているその人と同じことをしようとしても「育ったドメイン」だからできているのかもしれませんよ。

また別の角度からだと、SEOで・・・といいながらワードプレステーマを販売していたとします。「その人がそのテーマでのし上がった」かどうかは別問題ですよね。「SEOで・・・」と言いながらも、「現在の主な売上は扱っているその商品やサービス」なんてことはザラにあるのです。

今回はインターネットビジネスでの例ですが、これはどの業界にも関わらず同じことが言えます。何でもいいですよ、コンビニバイトでも。

エリアナンバーワンのレジ打ちや会計処理ができる人が数年前にいたとして、レジ打ちを部下に教えるうまさは上達しても現役のレジ打ちや会計処理ができる人にはついていけないこともあります。キャッシュレス決済も導入されたのがいい例です。

何が伝えたいのかって言うと「おっさんはもう不要」「時代を過ぎたおっさんの言うことは信用するな」ってことが言いたいわけではありません。ネット上の表面的なブランディングに騙されるなよ、とお人好しな意見を言うつもりもありません。

然るべき人から然るべき技を盗もう(学ぼう)ってことです。

ある程度、その分野で実績を残した人から学べることはたくさんあります。業界で生き残っている経歴が長いほど本質を理解している可能性が高いからです。真ん中の核となるコアな部分(本質)はそちらで学び、時流に沿うためのテクニックや表面的なことは現役で実績を残している人から学ぶってのがいいのではないでしょうか。

現時点リアルタイムで実績を残している人はもしかしたら一年後には消えているかもしれません。旬の手法が合っていただけで数年後にすぐ消える人もたくさんいます。

そのため、本質の部分を理解しながら周りの細かいコーティングで旬な手法を(その都度塗り替えるような形で)取り入れていくと、比較的安定した数字を作りやすくなります。

なかなか成果が目に見えて出ない人や数字が伸びないと悩む人は、見る人を変えていくことできっかけが掴めることがあります。今見ている人で結果が出ていないなら、そのまま続けていても結果は変わらないのですから、何かを変える必要はあるのではないかと思う次第です。

それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】