デザイン

note

「多くの記事の中から目に留めてもらうために」noteの記事下に表示されるこちらもおすすめのデザイン変更に対応

先日Twitterで、noteの記事下に表示される「こちらもおすすめ」のデザインが変わったのかもしれないとツイートしました。

うる覚えの状態に加えて公式アナウンスが見当たらなかったので確信はないのですが、なんかちょっといつもと違うなと違和感があるので恐らく変わっています。(本件はパソコンでの閲覧ではなくスマホブラウザから閲覧したときのデザインの話です)

以前は下図のようなだったような気がします。note本文で埋め込みしたときに表示されるURLリンクカードのようなデザイン。

noteデザイン

 

で、結論として言いたいのは「サムネイル画像の重要さがアップしたよ」ということ。

WEBをスマホから見るユーザーが多いことを考えると画像部分が大きくなったことで一画面に収まる情報量が少なくなり、多くの情報を得るためにはスクロールする手間が増えます。

じっくり一記事ずつ探すならともかく、「こちらもおすすめ」の項目ですので一画面で多くの情報が目に入る方がいい、私はそう考えています。(文句ではない笑)

私がそう仮説を立てて自社サイトを運営しているため私の運営サイトではそういう方針というだけであって、考えを押し付けたいわけでもないです。

もしかしたらnoteにおいてはデザインを変えたほうが良い数値が出ているのかもしれませんので、一概にはどちらがいいとか悪いとかは判断できないものです。

デザインが変わったら変わったで利用する側としては変化すればいいだけなので、特に難しいこともなく。

閲覧ユーザーの行動としては一画面で表示される情報量が少なくなれば、スクロールスピードが早くなります。

Twitterのタイムラインのようなイメージで、ペラペラーっとめくって気になったら止まる。そのようなイメージをもってもらうとわかりやすいかなと思います。

じゃ、一つの具体例としてどうしたらいいのかって言うと、

ツイート(ちょっと日本語おかしい)の通り、スクロール中に「記事タイトル」で目に留めてもらうより、「サムネイル画像の中に文字を入れて注意を引くような画像」にした方が、目に留まりやすくなるので効果的です。

これは一例ね。

というのも、これまでサムネイル画像に文字を大きく乗せていなかったアカウントが急に文字を大きくアピールしてきたらビックリしますよね。なので、全員がそうするわけにもいかないってことです。ブランドとのバランスをみながらテストする必要があります。

元々、サムネイル画像に文字を入れていた人であれば先乗りしている分、もしかしたらブームが来る可能性もありますね。

文字を入れないとしても、サムネイル画像を他の人とは違った目立ちやすい画像にするとか。何かしらの工夫はできます。

今後、サムネイル画像がないのは論外になっていくのかもしれません。シックなイメージをもたせたい場合でも白背景にタイトルだけ載せるだけでも、スクロールでスルーされる確率を下げることができます。

noteのサムネイル画像はCanva連携やみんなのフォトギャラリーを使えば簡単に作成できますので、この機会に一工夫してみるのもいいでしょうね。

それでは。

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】