グッド

ブログ作成

記事内にURLリンクを入れるときの5つのポイント

URLリンクを記事に入れてもあまりクリックされない場合は、以下のポイントに注意して作成しましょう。

指定する記事を読んでもらうためのリンクの入れ方次第でクリック率は大きく変わります。単なるアクセス数の向上だけでなく、商品やサービスに対する成約率にも繋がります。

  • 原則としてリンクは一記事に一つのみ
  • クリックされやすいのは冒頭すぐか文末
  • クリックまでの導線をしっかりと作る
  • サイト等でリンクに色を付ける場合は青色一択
  • なぜリンクをクリックする必要(もしくはメリット)があるのかを明確に

大量のリンクが散らばっていると読みてはどこに言ったら良いのか迷うだけでなく、離脱される可能性が高くなります。売れないライティング記事の多くは「数撃ちゃ当たる」的な大量リンクが多いです。一つずつ上記項目を丁寧に意識してみてください。

それでは。

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】