Twitter

Twitter

Twitterサークル機能について

※こちらは執筆現在における内容です。Twitterサークル機能はテスト実装の段階ですので今後仕様が変更となる可能性があります。

Twitterにおいて、Twitterサークル機能なるものが一部ユーザーを対象にテスト実装されています。このTwitterサークル機能は既存のTwitterコミュニティ機能とは別物です。では、Twitterサークル機能はどのようなものなのか、現時点でわかっていることをまとめていきます。

 

Twitterサークル機能の主なポイント

  • Twitterサークル機能は限られたユーザーにツイート送信したり、小規模グループで意見をシェアするための機能
  • サークルメンバーはサークル作成者が選ぶ
  • Twitterサークル内でシェアされたツイートに対しては、サークルに追加されたユーザーだけが返信やリアクション可能

 

TwitterコミュニティとTwitterサークルの違い

Twitterコミュニティは、ユーザーが関心のあるトピックでつながり、より身近なものにするための場所としての位置づけです。これに対してTwitterサークルは、ツイートを見せる相手を選び、その人たちだけでツイートを共有する機能です。

このようにコンセプトが違うものとして作られていることがわかります。

 

他、Twitterサークル機能において気になるもの

その他、Twitterサークルを使う上で、気になりそうな項目についてまとめます。

 

現時点でサークル作成できる人について

現在は限られたユーザーのみに開放されている状態です。サークル機能を利用できるようになったユーザーは、ツイート作成時にTwitterサークルを作成するためのオプションが表示されます。この表示が出たらサークル作成可能と考えてよいでしょう。

 

サークルに追加できる上限人数について

Twitterサークルに追加できる人数の上限は150人まで。

 

作成できるTwitterサークル数について

Twitterサークルは1つのアカウントにつき1つのサークル作成のみ。

 

Twitterサークルのメンバー確認について

サークルのすべてのメンバー一覧を確認できるのはサークル作成者のみです。他のユーザーはメンバー一覧を見ることができません。

ただし、サークル内でのツイートに対して誰かがいいねや返信をした場合は、反応した人を見ることが可能です。(通常ツイートのように、誰がいいねや返信をしたかはサークルメンバーは分かる状態)

サークルに参加している人が鍵垢(非公開アカウント)にしている場合は、その鍵垢アカウントをフォローしているユーザーのみにしかいいねや返信などの反応が見れません(こちらの挙動も通常ツイートと同じ)

 

Twitterサークル内のツイートはリツイート可能なのか?

Twitterサークルではリツイートは利用できない仕組みになっています。

ただし、リツイート機能がない場合でもスクリーンショットなどによる外部流出の可能性はありますので注意しましょう。

 

まとめ

Twitterサークル機能はまだ不明な部分も多くテスト初期段階です。機能的にはコミュニティ機能との差別化が今後の分かれ道になりそうです。

新しい機能の実装によって、活発なコミュニケーションが期待できますので一般ユーザーへの公開を楽しみに待ちましょう。

それでは

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
メール配信システム
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2022 インターネットビジネスの世界【UNITE】