営業日誌

所有しているサイトが不正アクセス攻撃を受けています・・・

a1240_000008_m_mini

私の所有するサイトが攻撃を受けています。

年末にも多少受けていたのですが、ここ最近になって猛攻撃が再開されました^^;

ロリポップでは不正アクセスを受けると自動でアクセス制限

レンタルサーバーでロリポップを利用している人は、不正アクセスを受けると通知が来るようになっています。そして、自動的にアクセス制限をかけてくれます。

本日は数件ほどロリポップの「異なる」サーバーで通知が来ていました^^;

プラグインを設置して、不正ログインを試みた形跡を丸裸にしているのですが、アクセス先はほぼ「アメリカ」。ログインを試みているIDはほぼ「admin」です。

パスワードは自動生成でしょうが、不特定多数の文字列ではなく、意味のある文字を次々と試しているようです。

このプラグインを利用すれば、すべてわかります^^

これだけは使ってはダメ!最もダメなパスワードtop20

つい先日も、2013年度「最もダメなパスワードTOP20」が発表されていました。一番危険なパスは「123456」だそうです。

iPhoneやアンドロイドのアプリを開発しているアメリカの企業「SplashData」が発表したランキングは・・

▼2013年版・最もダメなパスワードTOP25▼

1位:123456(1ランク↑)
2位:password(1ランク↓)
3位:12345678(→)
4位:qwerty(1ランク↑)
5位:abc123(1ランク↓)
6位:123456789(New!)
7位:111111(2ランク↑)
8位:1234567(5ランク↑)
9位:iloveyou(2ランク↑)
10位:adobe123(New!)
11位:123123(5ランク↑)
12位:admin(New!)
13位:1234567890(New!)
14位:letmein(7ランク↓)
15位:photoshop(New!)
16位:1234(New!)
17位:monkey(11ランク↓)
18位:shadow(→)
19位:sunshine(5ランク↓)
20位:12345(New!)
21位:password1(4ランク↑)
22位:princess(New!)
23位:azerty(New!)
24位:trustno1(12ランク↑)
25位:000000(New!)

※( )内は2012年版との比較

(参照※海外サイト)はこちら
http://splashdata.com/press/worstpasswords2013.htm

 

一生懸命作成したサイトなのに、よく分からない人の手によって改ざんされるのだけは避けたいところです。

そういえば、本日の不正アクセスも「pass」というワードを含んだ攻撃が多かったです。ワードプレス運営者は気を付けましょうね^^

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 営業日誌

    交流目的で”誰か”から購入することもあります。

    ブログやメルマガで情報発信していると、「誰かから購入することはある…

  2. 営業日誌

    自分のスキルや経験を商品にするということ

    自分の持っているスキルや経験は、それ自体が商品となります。…

  3. 営業日誌

    良い気づきを与えてくれるレポートは貴重

    無料レポートから気づきを得ることもありますが、その中で…

  4. 営業日誌

    人に訴えかけるときに気を付けるべき点

     人に訴えかけるときにやってはいけないことがあります。しかし残…

  5. 営業日誌

    メール配信システムが不調

    メールシステムの調子が良くありません。同じような現象に遭遇している…

  6. 営業日誌

    今週のレポート大賞

    今週の気になったレポートです。教材を有料で購入するもの良いです…

ピックアップ情報

おすすめ記事

新着情報

  1. 会社員が本業とインターネットビジネスを両立させたいときに気を…
  2. 【悲報】チャットワークのグループチャット数に厳しい利用制限
  3. 突き上げるような揺れを感じてからじゃもう遅い
  4. noteの位置づけはどこにおく?ブログ?アクセス数を公開
  5. 完全在宅で安定した収入を得ることができる仕事案件を見つけたの…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 考え方・マインド

    同じような問題が頻繁に発生してしまう理由
  2. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
  3. 指標

    マーケティング

    ユーザーからの反応を得られるようにするにはどうしたらよいか?
  4. 成長

    本気で売れるようになりたいならコレを極めるべし
  5. マーケティング

    あなたから簡単に商品を買ってもらう方法
PAGE TOP