ブログ作成

毎日更新の記事は1000文字くらいを目安にしよう

投稿日:

毎日更新するブログは1000文字~1500文字くらいがサクサク読めてちょうどいい。

何文字くらい書けばいいかという話はしばしば話題に上がってきますが、毎日更新のブログであれば、1000文字から1500文字あたりを目安に書くのをおすすめしています。

1週間でトータル1万文字が目安ですね。

私もここ数日間、1000文字程度の記事を更新していましたが、読む方もサクサク読めるだけじゃなく書く方も負担が少ないので双方にとって負担の少ないボリュームです。

当然ながら、扱うテーマによってはこの限りではありません。小説だったり解説文であったり、物事を深く掘り下げるような(考察)テーマの場合は、どうしても文字数が多くなってしまいがちです。

ただ、私のように日常の気づきを主なテーマにしている場合は、1000文字から1500文字あたりを目安に日々更新して、週に一度だけちょっと深い内容の記事を書く。そして一週間で合計1万文字を目安にしましょう。

書くのが好きな人であったり、割と時間が確保できる人であればしっかり書き込んでもいいですよね。しかし、300文字から500文字などだと、ちょっと少ないかなと感じます。

訪問ユーザーにタイトルをクリックして開いてもらう手間を考えると、あまりにボリュームが少ないと開いてガッカリさせてしまう可能性があるからです。

書く人が最近増えている小説の文字数による分類が気になったので調べてみたところ、

  • 長編小説=12万文字~(原稿用紙300枚~)
  • 中編小説=4万文字~12万文字(原稿用紙100枚~300枚)
  • 短篇小説=4000文字~32000文字(原稿用紙10枚~80枚)
  • ショートショート=800文字~4000文字(原稿用紙2枚~10枚)
  • 掌編小説=それ以下
    参考(Wikipediaより)

となっているようです。

小説で1000文字程度の内容だとショートショートの分類になるのかな。

これだけ見ると長編小説の原稿用紙300枚・・・ってやばいですね。積み重なりが結果的に12万文字なら問題ない文字数でしょうが「一つのテーマで12万文字」と聞くだけでも少し構えてしまいます。小説を書く人すごいなあ、と改めて思います。

小説に限らず私のような日常記事もそうなのですが、文字数を増やすのは実はめちゃくちゃ簡単です。逆に文字数が少なければ少ないほど難しい。

小説だって原稿用紙2枚で終わらせる物語って難しいですよね。細かな表現をしてしまえばあっという間に文字数をオーバーしてしまいます。だからといって単純に表現を削げばいいってものでもない。

不要な表現を削ぎに削ぎ落として必要最低限の言葉で何かを伝えるって、意外と難しいものです。ツイッターなんかもそうですね。もしかしたら独り歩きしてしまう可能性のある文章を140文字以内で表現するわけですから。

毎日更新で一つの記事を1000文字~1500文字で書いていく意図の裏には、文章を書く練習にもなることも忘れず、文字数と執筆に費やす時間を決めて伝えたいことをそのボリュームに収まるように書きましょう。

ともあれ、書く習慣を付けたいなと思っている人は、まず1000文字を目安にして毎日継続してみるのが良いのではないでしょうか。

※1325文字

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人
よぴ(管理人)

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2020 インターネットビジネスの世界【UNITE】