不動産経営とネットビジネスを融合した新しい世界-ユナイト|メルマガバックナンバー

交流目的で”誰か”から購入することもあります。

a0001_004303_m_mini

ブログやメルマガで情報発信していると、

「誰かから購入することはあるのですか?」

と、聞かれることがあります。

 

商材やツールに関してだと思いますが、

私もけっこう、いろんな人から購入します。

 

自分で利用したり試したりする目的の他に、

レビュー業界の情報収集という

目的など購入動機としては様々です。

 

紹介すると決めた商品やサービスは

良いものを紹介したいですし、

その判断を自分自身でしたいわけです。

 

アフィリエイターの人からはもちろん、

検索で見つけた人から購入したこともありますし、

読者さんから購入することもありますw

 

購入頻度としてはバラバラですが、

何かのビジネスを仕掛けるときは

まとめて購入することもあります。

 

今月は、、準備していることが

いくつかあるので数種くらいです^^

 

 

で、つい先日なのですが、

ある商材・ツールを購入しました。

 

たぶん、有名な人からです。

(私、失礼ですね・・) 

 

そこで紹介者の特典請求欄に、

購入理由を記入する項目があったのです。

 

-------

(紹介者)からご購入された理由を教えていただけますか?

・特典
・サポート
・実績
・その他(別途記入)

-------

 

特典?でもないし。。。

※変な特典とかじゃなく、

私には不要だったというだけです。

 

サポート?特典に、

サポート有りとは書かれていないし。

 

実績?と言われても、

よく知らない人だし。

 

選んだのは、その他・・・です。

 

「交流目的です!何度か、

ネット上で拝見する機会があったので」

と、記入したのです。

 

そう。私がこの方から購入した動機は、

人と人との交流が目的なのです。

 

 

私がそういうメッセージを伝えると、

相手の方は優しく言ってくれました。

「交流目的だけでしたら、
 メール1本でよろしかったんですが・・・(笑」

 

ほんと、その通りだと思いますw

変なメッセージだったかな?とも思います。

 

ほとんどのサイトには問合せフォームもあり、

メールで相談や交流をすることができます。

 

中には、いきなりスカイプOK

という人も、見かけることがあります。

 

そこからアプローチすれば、

簡単に交流自体はすることができます。

 

このとき、私は商品を欲していたので、

今すぐ何かの交流をしたり、

お会いしたり、話をしたり、

JVをしたいわけではありません。

 

何かのつながりを持つときに、

やはり訪問者と購入者の扱いは異なります。

 

大なり小なり、自分に対して、

利益をもたらしてくれた人となります。

これはやっぱり強いですよね。

 

贔屓にしてくれる可能性がグッと高まります。

さらに、今すぐでなくとも、

繋がりを持っておくことに損はありません。

 

もちろんこれが正解とは言いません。

ただ、こういう目的で

購入することもアリだということです。

 

その人から購入して良かったと思いますし、

これから先、もっと感じるかもしれません^^

 

1ヶ月後に、

「交流目的で購入したすたいるです、

 実は●●の情報を教えてもらいたくて・・」

と切り出しやすくなるわけです。

 

もし、運が悪ければ、

忘れられている可能性もありますが^^;

 

今回は自分の顧客が他に流れる可能性もある、

かなり危ない話題になりますが(苦笑)、

自分の大切なお金を使うわけですから、

活かせるお金の使い方をしてほしいと思います。

 

 

一つ言えるのは、

普通の購入ページでは買わないようにしています。

先行販売や販売者が知り合いの場合を除いては、

「紹介者」は必ず通じて買います。

 

普通に買っても、紹介者を通じても、

購入する金額は変わらないので、

人とのつながりを持つほうがオススメです。

 

私も同じ人から「まいど!」的な

感じで買うことも多いですが・・・、

 

「やべっ!いつも同じ人からだった」

という人は、外に目を向けてみても

違った世界が見えてくるかもしれませんね^^

 

 

 

PS.

購入したら何でもOKというわけでもなく、

「俺は客だぞ!」的な態度は、当然

嫌われますので、悪しからず。。

 

また、今回の件で、私へのメッセージに、

購入後にメッセージ送ってこい!的なことを

遠まわしに伝えているわけでもないのでw

誤解のないように(笑)。

 


■この記事はまぐまぐ版メルマガからの一部抜粋です
つづきを読む場合は、下記フォームより購読してください。



 メールアドレス 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

メルマガ

マガジン購読

当サイトはまぐまぐメルマガのバックナンバーとして、一部の内容を公開しているものです。

下記フォームより定期購読(無料)できます。

 メールアドレス 

 お名前(名字) 

なお、独自配信の公式メルマガはこちらです。 

クリックで救える命がある。
QLOOKアクセス解析