無料サービスを利用する際のリスク回避とは

a0800_001213_m_mini

無料サービスには「ある日突然消滅」のリスクがあります。

無料で利用させてもらっている身なので、

それに文句は言えないわけですが・・・。

やはり削除となると、ショックも大きいのです。。

 

 

無料サービスを利用するリスクは承知しているのですが、

そんな中でツイッターアカウントが削除されました。。。

これはビックリしましたね・・・(+o+)

 

 

無料サービスを利用するときには各社で規約があり、

それを順守していくことが大切なわけです。

アメブロのアカウント削除される人も多いですが、

これも何かの規約に引っかかっているということです。

規約はいつ変更があるかわからないという点と、

「どこ」が変更になったかわかりづらい点があります。

ヒヤヒヤしながら運営するのも嫌なので、

なるべく独自サービスを利用するようにしているのです。

 

 

■記事のバックアップしておけば良いというものでもない

ブログの場合は記事のバックアップをしておけば、

ある程度の復活は可能なのですが・・・、

ツイッターなどで削除になった場合は

フォロワーの復活というものがありません。

(当たり前ですが・・・^^;)

 

つぶやきの原稿よりフォロワーさんの方が大事なので、

こういう媒体の場合の削除はかなり痛いです。

 

そのため、アメブロでいうと、早く復活するには

あらかじめ「読者さんを抽出しておくこと」です。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

これをやっておけば、最悪の場合でも

「引越ししました」の案内を出すことができます。

交流色の強い無料サービスを利用する場合は、

記事内容以上にユーザーの確保をしておく方が重要です^^

※アメブロは特にそうです。

 

全てをカバーすることは難しくても、

何がそのサービスの肝なのか?から優先度を決めて、

バックアップすれば良いのではないかと思います。

 

くれぐれもお気を付け下さい^^;

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 気ままなブログ

    パソコン買うときは用途や目的を考えると失敗しない

    数年ぶりにメインパソコンを買い替えました。 前に買い替えたのは…

  2. マーケティング

    YouTubeに投稿しても思ったほど反応がないと嘆くあなたへ

    知識を入れるために、時間を作って本を読んでます。いつでも手に入…

  3. 考え方・マインド

    異性、同性の心をグッと掴むワザ

    日本人はコソコソ話に弱いです。何を隠そう、私もその一人です。…

  4. 営業日誌

    エベン・ペーガン新刊本「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」が送料…

    ビジネス書のエベン・ペーガン新刊本「あなたの知識・経験・情熱をデジタル…

  5. SNS

    Vineを使いこなす※2017年1月17日サービス終了

    現在進行形でいろいろと試しているサービスがあります。 その中でもお…

  6. サイト構築

    5秒以内にサイト訪問者を釘づけにする方法

    サイトを作るときに画像はとても重要です。利用しているソフトとし…

オンラインビジネス入門書プレゼント
【今だけ無料プレゼント中】

デジタル商品を作りオンラインで成功したノウハウをまとめた1冊です。あなたも、エベンのように、知識や経験、情熱を「デジタル商品」にして、オンラインビジネスで理想のライフスタイルを手に入れませんか?

あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法

ピックアップ情報

おすすめ記事

  1. めんどくさい

新着情報

  1. ビジネスの活動拠点を大阪へ移動!思い立ってから約一ヶ月で全て…
  2. ユーザーからの反応を得られるようにするにはどうしたらよいか?…
  3. アクセスが急下降したサイトを私がすぐに見切った2つの理由
  4. 東京の目黒川に咲く桜のお花見に行ってきました【2018年】
  5. レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけない…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 成長

    一流プレイヤーが一流の指導者だとは限らない
  2. コミュニケーション

    ビジネス業界で成功する「交渉力」について
  3. 考え方・マインド

    成果が出せない・仕事ができない人の特徴
  4. サイト構築

    仕事をしすぎて過労死しないための提案です。
  5. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
PAGE TOP