考え方・マインド

提供しているサービスや商品にバイラル性を持たせるということ

a0002_003665_m_mini

最近では、招待制というサービスが少なくなりましたが、

昔はGメールが招待制で展開されていました。

レアな招待だと感じて、新規登録したことが

今では懐かしく感じられるわけです。

いまふと振り返ると、

そのGメールもマーケティング手法として、

招待制にしていたのですね。

 

 

Gメールを始めて利用したのは今から約10年前。

今では考えられないのですが、

当時のアカウント開設は招待制でした。

招待できる人数は50人だった記憶があります。

それまではヤフーメールを利用していたのですが、

メールの容量が多いから便利と言われ、

すぐに利用を開始しました。

mixiも当初は招待制でしたよね。

 

今となっては、あのGメール招待制が、

バイラルマーケティングとして

展開されていたことを理解できるのですが、

昔は招待制の理由なんて全く理解できず、

なぜ招待制なんだろう?と思っていたのです。

 

宣伝方法として有効なものの一つとして

「口コミ」というものがあります。

口コミによる広まりは非常に効果があります

 

このバイラル性を持たせることができれば、

今の自分のビジネスも爆発的に広がることもあるのです。

 

そのポイントは、3つ。

・価値がある

・メリット

・手軽さ

 

まず、それ自体に価値があること。

誰かに紹介するのに価値があることは当然で、

紹介する価値のあるものというのが前提です。

Gメールなら容量が多いだけでなく、

セキュリティも高いしチャットができたこと。

LINEやスカイプもそれ自体に価値があって、

紹介したくなるようなサービスなのです。

 

 

次に、メリットがあること。

メリットというのは、分かりやすく言うと

お金という場合もあるでしょう。

アフィリエイトなら、紹介料があります。

誰かに伝えることで自分のメリットとなることです。

 

LINEやスカイプの場合、

これはお金というメリットではなく

ネット回線を利用して通話が無料で行えることが

紹介する自分自身のメリットになるのです。

 

 

最後に手軽さ。

これは紹介自体が手軽にできるか?です。

Gメールの招待制は左サイドバーの下に、

招待リンクがあって、すぐに招待が可能でした。

サイトにソーシャルボタンを設置して、

ツイッター投稿やフェイスブックイイネが

投稿しやすくなっているのも

バイラルに大切な「手軽さ」の一つでしょう。

 

 

展開しているサービスにバイラル性を持たせることで、

予想以上の成果を得られることもあります。

自分のビジネスに対して、このバイラル性を

どのように組み合わせていくか?

考えても良いのではないかと思います。

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 考え方・マインド

    有言実行ほどカッコ良いものはない

    「我が社はいずれ、売上高で数千億数兆円、 従業員は数千人数万人…

  2. 成長

    サイト上で言葉を交わす

    サイトに訪問してくれるユーザーと交流するのは、言葉のあるやりと…

  3. 考え方・マインド

    「なぜ、あなたはそれを買ったのか?」

    さて、本日の本題です。「なぜ、あなたはそれを買ったのか…

  4. 考え方・マインド

    商品が売れないと悩む前にユーザーを購入へ導く王道の手法を理解しておこう

    果たしてどうしたらよいのか。まったく商品が売れないです。もしそ…

  5. 考え方・マインド

    マーケティングがうまくいかない場合は?

    マーケティングを行っていくときに、思うような結果が得られない場…

  6. 営業日誌

    鷺と鴨の関係性について

    最近はサイトの順位があーだこーだと騒がしいので、リスクとリター…

ピックアップ情報

おすすめ記事

新着情報

  1. 【悲報】チャットワークのグループチャット数に厳しい利用制限
  2. noteの位置づけはどこにおく?ブログ?アクセス数を公開
  3. 完全在宅で安定した収入を得ることができる仕事案件を見つけたの…
  4. Skypeでgoogle.com~からはじまるURLでスパム…
  5. もしあなたが自社商品がない、自社サービスを創り出せないと困っ…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. めんどくさい

    マーケティング

    レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけないこと
  2. LINE

    LINEの誤送信取り消し機能が実装されて相手端末にはどのような表示になるのか試し…
  3. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
  4. 考え方・マインド

    不義理にするということ
  5. 成長

    一流プレイヤーが一流の指導者だとは限らない
PAGE TOP