昔の教材や音声を再活用する方法

a0002_001029_m_mini

昔に入手した音声や教材を掘り起こしています。

それから気づいたことや、その目的をお話しします。

今あるものを活用するだけで、

自分が少し成長したな~と感じれるかもしれません。

 

 

昔に入手した音声を引っ張り出して聞いています。

久しぶりに聞くと、その時は理解できなかったことや、

制作者の伝えたかった本質が見えてくることがあります。

最近は映像を提供する人が多くなっていますが、

音声は移動中でも簡単に聞くことができるし、

倍速再生に慣れれば、時間を短縮することが利点です。

 

教材を購入して始めのうちはよく見ていたものも、

ちょっと軌道に乗ったら見なくなってしまうものです。

初めて手にしたときには、モチベーションも高い状態で、

大きな気付きをもらえるものですが、

慣れてくるとそれが減ってきます。

 

 

昔の教材や音声を引っ張り出して再度吸収すると、

基本からズレている自分や、

忘れかけていた大切なことを思い出せることもあります。

きっと、その時点では、

新しい知識やスキルも加わっているでしょうから、

点と点が線となり、

新しいアイデアが浮かぶこともあるのです^^

 

無料配布されているものであったり、

無料レポートとして出されているものから、

多くのものを学ぶこともあるわけです。

 

どんどん新しい情報を入れているわけですから、

たまには基本に振り返ることも重要になります。

 

なぜ、今回引っ張り出して見ているかというと、

これまで購入特典として付けていた特典の一部を整理するため、

残すものと残さないものに分けるためです。

相当な量があるので、音声を聞くだけでも大変ですが^^;

改めて見てみると、特典とはいえ、

良質なものが多いような気がします。

 

これは初心者に聞いてほしいな~。

これはメルマガやっている人に聞いてほしいな~。

これは・・・・。

 

実際にはこんな状態で、

聞いてほしい人がジャンル別に分かれて、

なかなか選別が難しい状態です。。。

どこまで減らすかわかりませんが、

スリムになるようにガッツリと減らす予定です。

 

 

改めて音声や教材を見直してわかったのですが、

今あなたがネットビジネスに少し行き詰っているなら、

再度引っ張り出して読み返すことをオススメします。

全く同じ文章、同じ音声だとしても、

受取り方が変わっていると、新しい気づきが得られます。

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 考え方・マインド

    周りの意見を聞くよりも、本質を捉えて理解すること

    インターネット上でも正しいことや間違った情報が、常に飛び交っていま…

  2. 考え方・マインド

    提供しているサービスや商品にバイラル性を持たせるということ

    最近では、招待制というサービスが少なくなりましたが、昔はGメー…

  3. 考え方・マインド

    選択肢があるという幸せ

    人間は選択肢に幸せを感じます。ネットビジネスでも訪問者に選…

  4. 考え方・マインド

    辰巳天井、午尻下がり

    チャンスを掴める人間と掴めない人間がいます。あるいは、全くそれ…

  5. 考え方・マインド

    相手が欲しいものを聞くだけ。

    「相手が欲しいと思っているものを、目の前に差し出せばモノは売れる」…

  6. 成長

    サイト上で言葉を交わす

    サイトに訪問してくれるユーザーと交流するのは、言葉のあるやりと…

ピックアップ情報

おすすめ記事

新着情報

  1. ビジネスの活動拠点を大阪へ移動!思い立ってから約一ヶ月で全て…
  2. ユーザーからの反応を得られるようにするにはどうしたらよいか?…
  3. アクセスが急下降したサイトを私がすぐに見切った2つの理由
  4. 東京の目黒川に咲く桜のお花見に行ってきました【2018年】
  5. レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけない…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. サイト構築

    ウェブやメルマガはiPhoneから見たレイアウトを優先した方が良い?
  2. サイト構築

    TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想
  3. マーケティング

    「この好条件の物件を逃したら手に入りません」だけじゃ売れない。
  4. 営業日誌

    新車を買ってお金に変えた話
  5. マーケティング

    あなたから簡単に商品を買ってもらう方法
PAGE TOP