商品が売れないと悩む前にユーザーを購入へ導く王道の手法を理解しておこう

果たしてどうしたらよいのか。まったく商品が売れないです。

もしそう悩んでいたならば、あなたの現在の手法がゴールデンルールに沿っているのかどうかを再度確認してみてください。

スポンサーリンク

購入を検討しているならキッカケを与えてあげる

ユーザーが何か行動を起こしてくれることに対して、後押しするような理由(キッカケ)を与える事は今でも有効な手段です。

例えば、あなたが欲しいと思うテレビがあって電気屋さんに行ったとします。買おうかどうか悩んでいる際に、店員さんの一押しが購入につながることもあるからです。

それは、テレビを購入する際に、テレビ台をおまけとして付けることであったり、ブルーレイレコーダーをつけてくれることであったり、テレビ自体の値引きをしてくれたり、古いテレビを買い取ってくれたり、一押しの形は様々です。

つまり、人はその商品を悩んでいたり購入を検討している際に、あとちょっと背中を押してくれる何かがあれば、行動にうつしやすくなります。これはテレビの販売だけでなく、どんなビジネスの業界でも、日常的に使われている手法です。

テレビでやっている通販ショッピングなんか特にその手法がうまいですよね。注意深く見ていれば、全ての番組でパターン化しているのがわかります。

全ての業界で共通するユーザーを購入へ導く王道の流れ

これがすべてのユーザーを導いてくれる流れです。

悩み

解決方法

既存商品からの改善点

利用者の声



クロージング(価格提示)

最後の一押し(おまけ)

今すぐ行動を起こす理由(数量限定&時間制限)

これは、私がビジネスマン時代にやっていた流れそのものです。笑

この流れは何十年たった今でも変わりません。
そして、これからも変わることはないでしょうね。

目に見えて数字が跳ね上がります

どうも商品が売れない、紹介がうまくできないという人は、何かしらの原因があります。その原因は一つだけではないかもしれません。しかし、目の前にその商品を欲しいと思って検討している人がいるのであれば、必ず商品を売ることができます。

欲しいと思っている人をどんどん逃していたり、(サイトや実店舗にかかわらず)訪問してくれたユーザーを逃しまくっていたりして悩んでいる人は、前項の流れに沿っているかどうかを見直してみてください。

そして、まずはこの流れに沿って行動してみてください。それだけで今までとは違う結果になりますし、なにより目に見えて数字が跳ね上がりますから。

それでは!

※本内容はメルマガのバックナンバーです。購読はこちらから。

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 考え方・マインド

    過去の発言に捉われることで機会を逃す

    自分の考え方や感じ方というのは、時間の経過に伴って変化すること…

  2. 考え方・マインド

    一番欲しいものは何ですか?による成功事例

    「一番欲しいものは何ですか?」と聞かれて、あなたなら何と答えますか…

  3. マーケティング

    なぜ思慮を巡らせて勝手に判断してしまったのか?

    あなたは「串カツ田中」というフランチャイズのチェーン店をご存知です…

  4. 考え方・マインド

    有言実行ほどカッコ良いものはない

    「我が社はいずれ、売上高で数千億数兆円、 従業員は数千人数万人…

  5. 考え方・マインド

    異性、同性の心をグッと掴むワザ

    日本人はコソコソ話に弱いです。何を隠そう、私もその一人です。…

  6. 考え方・マインド

    趣味とビジネス

    いくつか質問を頂きました。中でもくだらない(失礼)、お…

ピックアップ情報

おすすめ記事

  1. めんどくさい
  2. 指標

新着情報

  1. もしあなたが自社商品がない、自社サービスを創り出せないと困っ…
  2. 収益サイトは完全ほったらかしでもお金を生み続けてくれる資産サ…
  3. 街のカフェでパソコンを持ち込んで仕事するってどうなんだろう
  4. ビジネスで成功する人に共通している5つの特徴とは
  5. 深夜バスは新幹線より快適になったかもしれない

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. サイト構築

    TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想
  2. 考え方・マインド

    無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えない理由
  3. サイト構築

    アクセスが急下降したサイトを私がすぐに見切った2つの理由
  4. サイト構築

    更新型ブログ?それともサイト型ホームページ?
  5. サイト構築

    ウェブやメルマガはiPhoneから見たレイアウトを優先した方が良い?
PAGE TOP