スマホとパソコン利用比率の統計

日頃は東京で生活しているために、それ以外の生活動向において不透明なところがあります。

今回、帰省して衝撃的だったこともいくつかあるわけです。

その一つが、パソコンの所有率。
思った以上に少ないということです。

私自身、インターネットを活用したビジネスのため、パソコンは手放せない存在なわけですが、普通に生活する上で、パソコンが不要だという人も非常に多いのです。

パソコンに代わる存在は何かというと、スマートフォンです。
前から言われていたことですが、スマートフォンだけでインターネットのほとんどを完結する人が非常に多いのです。

特に若い年代。

一人暮らしであれば、テレビすら不要という声も多くありました。スマホ対応のサイト、スマホ対応のコンテンツをもっと重要視する必要がありますね。

メールや電話はLINE。インターネットはスマホで閲覧。
世間は完全にこういう流れですね^^;

 

そう考えると、ワードプレスのレスポンシブWEBデザインより、AXISのレスポンシブWEBデザインの方が良いのではと思う次第です。
⇒ http://itwo.biz/me/axiss.html

 

なにも、すべてを変更する必要があるわけではありません。ターゲットにしている年齢層やアクティブターゲットの層によって検証して対応する必要があります。

こちらの通信機器の普及状況の資料が参考になります。
⇒ http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/statistics/data/130614_1.pdf
(総務省発表・PDFファイル)

 

パソコンの保有率がどんどん下がる一方で、スマホやタブレットの保有率が急上昇しています。平成23年末から平成24年末の1年間でも、インターネットの利用機器動向が大きく変わっていることが確認できます。

これらの統計を見ると「徐々に」スマホコンテンツの移行・作成より、「一気に」移行した方が良いことがわかります。パソコンだけのユーザーをターゲットにしていると、ユーザーの取り合いになることは目に見えています。

安価なものでも良いので、スマホに対応しているデザインテンプレートの購入や、コンテンツもスマホやタブレットから購入しやすい紹介プログラムを選ぶことがポイントです。

スマホやタブレットから閲覧する人の属性を中心に考えないと、そのうち業界から取り残されてしまう可能性があると言えます。いずれは、パソコン所有者は情報発信者だけという状態になってしまうかも知れませんね^^;

 

 

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. マーケティング

    YouTubeに投稿しても思ったほど反応がないと嘆くあなたへ

    知識を入れるために、時間を作って本を読んでます。いつでも手に入…

  2. マーケティング

    FAXDMの反応率は予想以上

    先日、新規事業の販促手段の一つとして、FAXDMを行いました。…

  3. 考え方・マインド

    商品が売れないと悩む前にユーザーを購入へ導く王道の手法を理解しておこう

    果たしてどうしたらよいのか。まったく商品が売れないです。もしそ…

  4. マーケティング

    商品の価値はその人自身が決めること

    毎年、お正月の時期になると芸能人格付けチェックという番組が放映…

  5. 考え方・マインド

    1ヶ月に100人のお客さんを呼ぶ方法

    こんな問答があります。「どうしたら1ヶ月に100人のお客さんを呼べ…

  6. マーケティング

    これはセコイ技ではなく、リサイクルです。

    何事も2次利用、3次利用することことで、効率良く収入を増やすことが…

ピックアップ情報

おすすめ記事

新着情報

  1. もしあなたが自社商品がない、自社サービスを創り出せないと困っ…
  2. 収益サイトは完全ほったらかしでもお金を生み続けてくれる資産サ…
  3. 街のカフェでパソコンを持ち込んで仕事するってどうなんだろう
  4. ビジネスで成功する人に共通している5つの特徴とは
  5. 深夜バスは新幹線より快適になったかもしれない

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 考え方・マインド

    不義理にするということ
  2. 考え方・マインド

    無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えない理由
  3. 大阪

    気ままなブログ

    ビジネスの活動拠点を大阪へ移動!思い立ってから約一ヶ月で全ての移動を完了できまし…
  4. 成長

    本気で売れるようになりたいならコレを極めるべし
  5. 考え方・マインド

    商品が売れないと悩む前にユーザーを購入へ導く王道の手法を理解しておこう
PAGE TOP