ライター募集でスタッフを増員して心配なこと

新入社員

既存のライティングスタッフに加えて、新たにライターさんを募集して増員しました。実は少し心配事があります。

今回ライティングスタッフを増員したのは規模を拡大していくためのステップが目的です。既存メンバーや私自身だけで回らない作業を任せていきたいと考えています。しかし、このライター増員による心配事もあります。

それは、成長期間がどのくらいかかるのか?ということです。

当然、熟練者でもない限りは育てていくことが必要になります。こういった文章を書いてほしい、このような表現を使ってほしい、ということを理解してもらう必要があるわけです。基本的なことでいうと、「である」調なのか「ですます」調なのか、指示しなければいけません。バラバラの文体だと困ります。

こちらのイメージしている文章に近づけるためには、文章作成の数をこなしていってそのたびにズレを修正していくことで理想に近づいていきます。

その期間がどのくらいかかるのか?ということが心配です。

完璧になるまでタダ働きさせるわけにもいかないので、それまでの間も経費が掛かります。メインコンテンツに使うには少し心もとないけど、サテライトサイトに利用することや、メインコンテンツとサブコンテンツの間くらいの位置づけで利用するなどして、せっかくの文章をムダにならないようにしています。

キーワードをもとにした文章作成は、最低限レベルとして到達しているのでそれはそれでいいのですが。直に報酬につながらない部分で、目に見えないところですので早く成長してほしいと願うばかりです。

あとは、気分次第で辞めないかな・・という心配事くらいですね。先行投資として考えてじっくり成長するのを待っていても、辞めることになればすべてがパーですので。こればかりはどうしようもないことですが、とても痛手です。

これって、部下を営業の交渉現場に同行させるような気持ちと同じです。手塩に掛けて育てた部下が「ようやく一人でも交渉に行けるくらいの力が付いた」と思った矢先に独立もしくは転職するとなると「キーッ」となります。笑

春先ということもあって、この時期はさまざまな業種で募集がかけやすいですが、その分こういった心配事もあるわけです。そうはいっても、心配ばかりしていても仕方ないので、コツコツと見守るしかないですね。

で、ここからは別件。

ライターを独り占めしても仕方ないので、希望者がいればあなたの記事作成のお手伝いをさせてもいいかな、と考えています。私からすれば、文章作成の量を増やすことでライターの成長スピードは上がるし、記事コンテンツが欲しい人は気軽に頼めて助かるし、と双方にメリットがあります。

  • 記事を外注させたいと思っているけどハードルが高そう
  • どういった記事を書いてもらったいいかわからない
  • できるだけ費用を抑えて記事を書いてほしい

と悩んでいる人がいたら、代わりに文章作成するということです。まずはどのくらいの希望者がいるのか知りたいので、興味がある人は連絡をください。

▼ご希望の方はこちらへ
→リンク※メルマガ内のみでの募集です。ごめんなさい※

※さすがに記事コンテンツの作成は何のジャンルでもOKというわけではないです。アダルトコンテンツは完全NGです。

それでは!

※本内容はメルマガのバックナンバーです。続きを読む場合はこちらから。

ピックアップ記事

  1. TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想

関連記事

  1. 営業日誌

    エベン・ペーガン新刊本「あなたの知識・経験・情熱をデジタル商品にしてオンラインで売り出す方法」が送料…

    ビジネス書のエベン・ペーガン新刊本「あなたの知識・経験・情熱をデジタル…

  2. 営業日誌

    こんな業者は選んじゃダメ、不動産業者の選び方

    資金を貯めて将来的に不動産経営に取り組んでみたい人もいるかと思…

  3. 営業日誌

    意識が変われば行動が変わるという話

    なぜか夏の時期になるといつも商談がまとまります。不動産…

  4. 営業日誌

    100円程度の投資で目上の人に気に入られる方法

    今年は人と会う機会を増やそうと意気込んでいる人も多いでしょう。 …

  5. 営業日誌

    タイピングスピードを上げると記事作成もラクになる?!

    数々の高額塾や教材、ノウハウが出回る中で”さすがにこの人には勝てな…

  6. 営業日誌

    2015年 新年あけましておめでとうございます

    新年あけましておめでとうございます。毎年恒例の箱根駅伝を見なが…

ピックアップ情報

おすすめ記事

  1. 大阪

新着情報

  1. ビジネスの活動拠点を大阪へ移動!思い立ってから約一ヶ月で全て…
  2. ユーザーからの反応を得られるようにするにはどうしたらよいか?…
  3. アクセスが急下降したサイトを私がすぐに見切った2つの理由
  4. 東京の目黒川に咲く桜のお花見に行ってきました【2018年】
  5. レスポンスを期待するならユーザーに不要な面倒な手間をかけない…

スポンサーリンク





マガジン購読

下記フォームより定期購読(無料)できます。

*メールアドレス
お名前(姓)

 

  1. 成長

    プルルルルル~、もしもし?
  2. サイト構築

    ウェブやメルマガはiPhoneから見たレイアウトを優先した方が良い?
  3. 考え方・マインド

    何でもかんでもタダで教えてもらえるという勘違い
  4. 考え方・マインド

    無料レポートをたくさん発行しているのにダウンロード数が増えない理由
  5. サイト構築

    TCDのワードプレステーマ「MAG」を導入してみた感想
PAGE TOP