見る

考え方・マインド

上達したければ周りが見えなくなるくらい真剣に向き合って考える

2021/07/27

どのジャンルに取り組むとしても、その道で上級者と呼ばれるくらいの成果を出すためにはとことん没頭して追求することです。

もう周りから見たら頭がおかしいんじゃないかってくらい常軌を逸脱するくらいのめりこむことにより、より高い領域に達することができます。

その一つの例として「時間」

例外なくそのジャンルに取り組んでいる時間が長いです。寝ても覚めてもそれについて考え、常に向き合っていることが多いんですよね。

私もインターネットビジネスに取り組んでいるときはほぼ常に頭で何かしら考えていますし、忘れようと思っても片隅にはちゃっかり残っているんですよね。何をしててもネタを探していたり、なにかの記事やコンテンツになるかなと思ってメモを取ってしまったり。

投資に没頭していたときにはニュースやウェブ記事で棒グラフや線グラフが目に入ったら、すべてが相場チャートに見えていましたからね。あれ?これ三尊かなとか、、、もうこれらは一種の病気ですよ。苦笑

要は、小手先のテクニックを身につけるよりもそのジャンルに接する時間を長くする、これが上級者やプロと呼ばれる領域に達するための近道です。

インターネットビジネスで結果を出したいなら没頭して常に接する。ライティングやブログで稼げるようになりたいなら、真剣に向き合い心底のめり込むってのが大事です。

昔のように1万時間の練習をすればその道の達人レベルまで達すると言われていた時代とは違うでしょうが、さすがに一日3分しかそのことを考えない人と一日10時間考える人だと歴然の差が生まれるのは確かだと思う次第です。

それでは

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】