たまご

グルメ

話題の味付けたまごメーカー(ダイソー)使ってめちゃくちゃ美味しい味付けたまごを作ってみた

ネット上で話題となっていた味付けたまごメーカー(ダイソーにて税込110円)を使ってみました。

単に味付けたまごメーカーを使った様子を書いても面白みがないので、チクチクと攻めながら書いていこうかなと思います。

味付けたまごはサラダ、ラーメン、単品おつまみ、ごはんのお供、など利用ケースが多いメニューです。そもそもゆでたまごが好きっていうのもありますけどね。

それでも、これを機会に手にしようということでまずは軽くネットリサーチ。

まずはこちら。

さすがメルカリ。5~10倍の金額ですね。臭いを嗅ぎつけたハイエナたちが情報弱者に群がっています。

ちなみに、安く仕入れて高く売るという小売の構図自体を否定するつもりは一切ありません。タクシーで買いに行ってお店をウロウロして商品を探し回り帰宅する時間と支出を考えると、高くても買いたいって人もいるでしょうからね(たぶん)

高く売る方も高く買う方も、双方が合意しているならいいんじゃないでしょうか。

メルカリで出品されていてなおかつ購入されている状態を見ると、「足を運んで無かったら嫌だなー」と思っていました。で、近くのダイソーに行ってみると・・・

はい、二個ほど普通に購入しました。飽きるまでは、たまごワンパック分を一気に作りたいですからね。決して転売目的ではありません。

ゆでたまごを作る際は茹でる場合もありますが、私はレンジでチンする場合も多いです。茹で時間のミスによる仕上がりのムラもほぼ無いし、なによりセットしてレンジに入れるだけなので簡単。

改めて商品をAmazonでみてみたら、10年以上も使っていたんですね。壊れる気配が全くありません。一年で150円程度の計算、、、コスパよすぎ。

 

では、手に入れた味付けたまごメーカーで味付けたまごを作ってみます。

噂通り、すっぽりとゆでたまごが収まって、調味料もジップロックに入れて作るよりも少ない量で作れそうです。今回はめんつゆをそのまま。(二回目はめんつゆに鷹の爪をちょっぴり入れたらめちゃくちゃ美味しかった)

利用する調味料が少なく済むよりもいいなと思った点は、途中で向きを変えなくても全体に味が染みる点。

味付け卵メーカー

 

落し蓋なんかも付属。

味付け卵メーカー

 

冷蔵庫に入れて1時間でOKだと書いているので、一回目は1時間で取り上げました。(おすすめは最低でも3時間以上)

完成した味付けたまごはこちら

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

まめお(@m4me0)がシェアした投稿

なんだこれめちゃくちゃ美味しい!!!

これだけ手軽に味付け卵が作れるならヘビーローテーションして、毎回食卓に並べてもいいのかなと思うくらい美味しかったです。これが110円で実現できるとは思えないコスパ最強調理器具。

3時間程度で取り出せば、そのまま白ごはんのお供としてもパクパクいけちゃいそうな味わいです。そりゃ話題になるわな、、、と納得できました。

これはやみつきになりそう。ゆでたまご好きな人はぜひ!
それではー

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】