Deepcoin

暗号資産(仮想通貨)

Deepcoin(ディープコイン)取引所とDCトークンの評判や特徴

Deepcoinは比較的新しい暗号資産(仮想通貨)の取引所です。 2020年に日本市場に進出して新しいサービスやイベントを数多く開催しています。

そんなDeepcoin取引所の特徴についてまとめてみます。

 

※当サイトでは海外取引所の利用を強くおすすめする意図はなく、情報提供として掲載させていただきます。

 

スマホでも見やすい

Deepcoin

Deepcoin

Deepcoinはパソコンからでも操作や取引が可能ですがスマホからでも専用のアプリがあるため外出先でも取引が可能です。暗号資産を扱う取引所の管理画面は見づらいことも多いのですが、Deepcoinはシンプルで余計な機能が付いていません。そのため非常にわかりやすく操作しやすい設計になっています。

 

トレードできる通貨も多め

Deepcoin

Deepcoinで取引できる通貨はメジャーコインはもちろんのことを注目されているコインも取引可能です。現物取引はもちろんのことをレバレッジ取引(最大125倍)にも対応していますので、やりたいことの多くは実現できる環境です。

取り扱っている通貨に関しては追加される可能性もありますので、今後も引き続き期待したいところです。

 

取引所独自のトークン「DCトークン」

Deepcoin

独自のトークンとしてDCトークンを発行しています。Deepcoinで取引したりイベントに参加することでトークを獲得することができます。そして獲得したDCトークンはトレードが可能です。(売却もOK)

DCトークンは一気に価値が下がらないように段階的に解放される仕組みになっています。これも利用者としては非常に嬉しい対応です。

 

DeFi機能もある

Deepcoin

DeepcoinにはトレードだけでなくDeFi機能も備えています。最近特に注目されている市場ですので手をつけてみたいなと考えている人も多いでしょう。

DeFi機能ではワンタップで利息を受け取れるサービスもありますので、初心者の人でも取り組みやすくなっています。

 

まとめ

Deepcoin

Deepcoinの利用で注目したいのは取引所オリジナルの「DCトークン」です。取引所独自のトークンは大きく価格が上がるケースもあります。いつも通り取引しているだけでもトークンがもらえたりしますので、いい頃合いで売却するのもアリです。

このような新しい取引所は早い段階で参入しておくとメリットが大きいことも多いので、いつも取引しているものの一部を分散させて利用している人もいます。今後のDCトークンの盛り上がりも含めて期待したい取引所の一つです。

Deepcoinの詳細と新規アカウント作成はこちら(公式ページ)

 

▼ブログでは言えない「ここだけの話」はメルマガで配信中!


メルマガ
  • この記事を書いた人

よぴ(管理人)

サイト「インターネットビジネスの世界」運営者。ビジネスプロデューサー、著述業。メルマガやブログを書きながら、好きなことをしてのんびりと生きています。

© 2021 インターネットビジネスの世界【UNITE】